WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

4月21日  マロジャリア 

 同業者の集まりのあとに、いつものワインバーへ。

①Taittinger Comtes De Champagne 1995

 きれいな泡。繊細系。すっきりした酸。90のような濃さはあまり感じない。

②MAROJALLIA Margaux 2000

「 マロジャリア」とは 「マルゴー」のラテン語読み。ヴァランドローの共同経営者であるトゥヌヴァン氏の奥様がミッシェルローランをコンサルトに迎えて作ったワイン。年間生産量6000本、セパージュはカベルネソーヴィニヨン55%、メルロー45%。濃い!スマートで優しいマルゴー、といったイメージはあまりない。 タンニンも丸く、黒い果実、樽、タバコ、革。シラーに感じる墨のような感触も。アフターも長く、いい出来のカリフォルニアワインといった感じもする。 パーカーが好みそうなワインであった。

054-21.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/04/22(金) 07:46:04|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<4月25日  ソミュール  | ホーム | 4月20日  お惣菜 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/76-55d68255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。