WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

8月7日 ラシーム

きっかけは

Poulet a la bouteille genereusement truffle (トリュフたっぷり瓶入りプーレ)

8-7racimuhon1.jpg

今春ムーリスに行く際、シェフの高田さんに何を食べたらよいか伺ったところ真っ先に返ってきた答えがコレ。

実際はムーリスに行くとちょうどメニュが変わっていて食べられなかった。。

帰ってから仏撮番長と話していると「作っていただけるのでは?」という話になり我儘承知でお願いした企画。
(本当にすいませんでした。。)

ただ500mlのボトル底を加工する必要がありそこはガラスに強い義父に頼み込んでなんとかクリアー。

8-7racimubin2.jpg


8-7racimubin5.jpg


8-7racimubin3.jpg

リードボー、鶏肉、フォアグラ、ラードなどが詰まっている。包んである鶏皮がまた良い具合。黒トリュフと一緒に食べると更に美味い。脂の食感、塩も効いていてまるでフランスで食べているような感覚でした。

8-7racimubin1.jpg


この本でも脂ぎっているのがよく解る。8-7racimuhon2.jpg


この本には各々合わせるワインも書いてあって ちなみにこのお皿には 95コントドシャンパーニュ、04シャーブエルミタージュ ブランなどが書いてました。納得のチョイス。

本当にご馳走様でした!ありがとうございました!!
スポンサーサイト
  1. 2010/08/08(日) 10:25:54|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< | ホーム | 弘屋>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/698-0443de12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。