WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

4月9日 CWFCワイン会

 カリフォルニアワインファンクラブのワイン会へ。ワインの内容は明かされてなかったが、行ってびっくり!シンクアノンを3種類開けるとのこと。 飲んだワインは順番に、

①Handley Bruit 1999

きれいな酸。青リンゴ。心地よい余韻。

②The OJAI Vineyard Vin du Soleil 2000

ルーサンヌ60%、ビオニエ40%のローヌ系白ワイン。青っぽいニュアンスに苦味、ほのかな甘みも加わって独特の風味を作っている。 時間を置くと薄めのドライシェリーに。

③ブラインドワイン(白)

 香りは開いた状態。樽と果実と酸のバランスはよく、バニラ、ナッツ、バター系の香りが結構きている。どうみてもシャルドネ。 ビンテージは?上等ワインのように思うが。。答えは2001パルメイヤーでした。納得。

④SINE QUA NON  E 2002

 最初苦味が。セパージュも聞いてなかったが、まずローヌ系を思わせる。聞いてみるとシャルドネ、ルーサンヌ、ビオニエの混醸とのこと。 これまた納得。白い花、アジアンフルーツ。時間とともに紅茶のニュアンスがはっきり出てくる。

⑤Ambullneo Vineyards bulldog reserve 2003

それぞれの畑の個性を引き出すべく色々な畑のピノをブレンドして作っているらしい。ピノらしい梅の香り。果実の甘みもあっておいしく飲めた。
ちなみにラベル裏面の解説抜粋;if you could blend several great vinyards together would this make a unique wine of exceptional character ? What if Burgandy blended LaTache , Musigny and Chambetin ? Something to think about it !
ブドウのポテンシャルが違うと思うので単純に比べられない気もするが。。でも楽しめるワインでした。

⑥SINE QUA NON  M 2002

 ピノ。初めはタンニンがしっかりでやや固い印象をうけたが、すぐに開いてくる。凝縮感がすごく、口の中に広がるボリューム感が圧倒的。余韻も長。

⑦ブラインドワイン(赤)

 甘い!カベルネでもピノでもない。きっとジンファンデル。干草、紅茶の香り。答えはBROGN CELLARS ZINFANDEL 2000 でした。 今日はいつになくブラインドの的中率が高いのでうれしい。

⑧PALMINA Savoia 2002

 ネビオーロ 50%、バルベーラ 30% シラー 20%のブレンド。酸が特徴的。スパイス、苦味も。生産量80ケースの貴重なワインとのこと。 イタリアはあまり飲まないのできちんとコメントできないのが残念。。

⑨SINE QUA NON  MIDNIGHT OIL 2001

 セパージュはシラーとのことだが、何かブレンドされてるように思った。お店の方に聞いても同意見で、「ビオニエなどが入ってるんじゃないですか」 とのコメント。これまた納得。名前の如く油のように口のなかにへばりつく様なワイン。花、クレヨンの香り。余韻長。

 シンクアノン(主催者の方はシンキャノンと発音されていた)とは「必要絶対条件」という意味らしい。どのワインもセパージュよりも作り手の個性が 前面に出てくる、共通のスタイルを持っていたように思う。めったに飲めないワインをたっぷり飲ませていただきありがとうございました。感謝!

054-9.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/04/10(日) 00:41:09|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<4月10日 さくら | ホーム | 4月8日 ルーウィン エステート>>

コメント

絶句・・・

昨日お電話を受け、シンクワノン会をされていると聞き、しばし絶句してしまいました。未知の世界です。

それにしても素晴らしいセパージュの的中率。おカルトワイン会(爆)いつかやりたいです。
  1. 2005/04/10(日) 08:44:10 |
  2. URL |
  3. daru #qGJFFIkc
  4. [ 編集]

おカルトワイン会

「おカルトワイン会」よい響きですね。どこでしましょうか?
  1. 2005/04/10(日) 10:18:09 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

入会しました

YOO様
トモさんのお勧めもあり私もCWFCに入会しました。会員番号は1143番です。
ワイン会かなりお得度高いですね。
  1. 2005/04/13(水) 15:01:45 |
  2. URL |
  3. daru #qGJFFIkc
  4. [ 編集]

それはよかった^^

またCWFCワイン会でごいっしょさせてください。たしかにCPは良いですよ^^
  1. 2005/04/13(水) 20:29:42 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/69-8d098eae

バルベーラバルベーラ (Barbera) は、イタリア|イタリア共和国の北部、ピエモンテ州が主な生産地の黒ぶどうの品種。収穫量が多く、比較的安価なワインが生産されているが、近年再評価される動きもある。特に、ピエモンテ州のアスティのワイン|アスティ、アルバ (コムーネ)|
  1. 2007/10/02(火) 10:21:19 |
  2. ソムリエがごとくワインを愉しむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。