WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

5月6日 Le Meurice

いよいよ(個人的には)本丸へ。5-6mounaisou1.jpg



あまりに日本離れした雰囲気に気後れするかと思ったがそんな事も無くなごやかにさせくれるサービスはさすが。
家内が着物を着ていったため(?)か、一番奥の暖炉前に通された。(ただ、サービスの方の出入りは結構あり良い席かどうかは不明。。)
客層はどうみてもブルジョワという方多数。。(黒のブラックドレスを着た10台の女の子なんてほとんど日本で見ません。。)

あらかじめオススメメニューを「ラ シーム」のO氏から聞いていったもののメニューの内容が変わっていてオーダーできず残念。。

でも結局昨日の「ランブロワジー」のように今回もアラカルトで食べたいものを個々に注文。

ニンジンとオニオンのスープ5-6moukonsome.jpg

ダシの味

イクラ巻き5-6mouikura.jpg


この二つは完全に「和」を意識したお皿。仏人には新鮮なのかも知れません。

牡蠣とほうれん草 ジュラワイン(ヴァンジョーヌ)のソースと共に
5-6moukaki.jpg

組み合わせの妙、美味しいです。

キャビアの牛肉のゼリー オランダガラシのクーリ5-6moukyabia.jpg

長女のオーダー。すごく美味しいとのコメントあり。

ブレス鶏を4パターンで

1.neck ヴァンジョーヌのゼリーと5-6moutori7.jpg
甘みと旨みが良い感じ

2.ポーチドエッグ マヨネーズで5-6moutori6.jpg

どうしてもランブロワジーのポーチドエッグと比べてしまう。。

3.胸肉 アスパラガス セロリ ホースラディッシュのラビオリ 5-6moutori5.jpg
少し薄味、個人的にはもう少しソースが欲しい。。

4.鶏の内臓がのったトーストを5-6moutori3.jpg



アスパラのカプチーノ仕立てのソースにつけて頂く5-6moutori1.jpg



チーズ5-6moucheezu2.jpg


暗いのと酔いでピントが合いません。。5-6moucheezu.jpg


ワインは(ボトルを見せて欲しいといったのにラベルが来た。。)5-6mouwine2.jpg


5-6mouwine1.jpg

さすがに白赤共に状態バッチリ。現地で飲むワインは美味しいと良く聞きますが 本当なんだと実感した瞬間でした。

デザート5-6moudeser2.jpg


5-6moudeser1.jpg


5-7arpedeser1.jpg



5-6moudeser3.jpg



注文したお皿は全体的に繊細な仕上がりのお皿が多かった印象。個人的にはもう少しガツン系の方が好み。
サービスは抜群、しょっちゅう話しかけに来てくれる。
ワインはやはり高い。。(82ラトゥール12000ユーロ!!)

ありがとうございました。



スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 23:55:40|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<5月7日 Arpege | ホーム | 5月5日 L'ambroisie>>

コメント

合計星13個!
  1. 2010/05/11(火) 12:52:41 |
  2. URL |
  3. ビビンバダム夫 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

ビビンバダム夫さん、またまたコメントいただき恐縮です。

パリではネオビストロへ集中的に行こうかとも考えたのですが、長年の思いには抗せず、

結局こうなってしまいました。。

また色々教えてください。
  1. 2010/05/12(水) 00:19:00 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/670-f0704909
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。