WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

11月10日 本湖月

今回のお題は「玄猪(げんちょ)」でした。

玄猪(げんちょ)の儀とは新穀のお餅を賜り、それを食することで無病息災を祈る行事のことだそうです。今回はそれにちなんだ器で四角い陶器にイチョウの葉の模様があり、糸で包んだようになってました。

中にはお餅は入ってなくてキス(よろこぶ)昆布締め、からすみ(子沢山)、チシャの茎(まっすぐ伸びる)。

ご主人の話を聞いていると器に対する思い入れがひしひしと伝わってきます。

骨董や作家物を使う。本湖月では数百年前といった古い器(ご主人はお道具と言う)が出てきます。そんなに古い器を使って食べるなんてことは普通ありえません。幾代の人がこの器を使って食事してきたかと考えると何か感慨深いものがあります。この非日常感、なかなか良い感じです。

家の器は民芸(と家内の作陶品)中心ですが、だからこそ本湖月のすばらしさが実感できる気がします。

和食は本当に深い。。(というか知らないことが多すぎます。。。)




スポンサーサイト
  1. 2009/11/15(日) 16:00:58|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<11月17日 パピヨンにて | ホーム | 11月8日 MICHEL BRAS 「洞爺」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/610-505ac51c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。