WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

11月5日 エテルニテ

ワイン会に誘っていただいた!久しぶりに真面目にワインのコメントを。

北海道の甘エビとウニ、カブのブルーテ、カブの葉のピューレ(ダイスケさん、ありがとう!)
11-5-uni.jpg 


白111-5-obrionsiro.jpg
オーブリオンブラン 久しぶりに頂きました。セミヨンが約2/3の比率を占めるワイン。余韻長。樽の甘みと熟成したニュアンスが入り混じって良い感じ。綺麗な酸もしっかり。


秋鮭のココット 上にはスジコ11-5-samon.jpg 


白211-5-ronusiro.jpg 
シャプティエ シャンタ アルエット 55。リコルクだが色調はかなり褐色系。まだ十分生きてます。シェリーはそれほど感じることなく甘みがしっかり。和食や甲殻類ともよく合いそう。


フォアグラ、栗のソース、エピスの香11-5-foagura.jpg 
料理は全体的にクラシック。

赤111-5-raruro.jpg 
ラルロー ロマネサンヴィヴァン96。01は最初から開いてたらしいが、これはまだ閉じ気味。時間を置くと徐々に開いてきた。

赤211-5-noera80.jpg 
シャルルノエラ クロブジョ 80。最初から香りも開いており良い状態。酸も強くなく甘みと良いバランス。ブル古酒もやはり好きです。

天然ヒラメのポルチーニソース、かきのき茸、ヒラタケ、安納もみじ芋
11-5-sakana.jpg 


山ウズラ トリュフ 11-5-yamauzura.jpg 
トリュフエッセンスも少し使っておられるとのことでしたが かなり香り濃厚。ウズラは少しレアでした。シャペルとすばらしいマリアージュ!

赤211-5-syaperu67.jpg 
67シャペル。このワインはもうかなり飲んでいるが多少個体差を感じる。(67と焼印のあるシャトーの木箱入りで送られてきたので蔵出しと思うが。。)このボトルに関してはかなり良い部類に入ると思う。最初から香りは開いた状態。墨、なめし皮、スモークそれにトリュフの香りも入り混じってヤマウズラとよく合う。味は角が取れて厚みがあり、まだまだピノ古酒までは行ってない。今の状態でも十分美味しいが個人的にもう少し熟成が入ったらさらに好み。

気の合うメンバーとの食事はあっという間に過ぎてしまいます。
本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
  1. 2009/11/07(土) 16:20:00|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<11月7日 今年もやっぱり洞爺湖へ | ホーム | 11月3日 鍋続き>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/605-217ed3e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。