WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

8月23日 アランシャペル

家内と娘二人がタイに行ってるので週末はずっと独身。鮨大王がアランシャペルに誘ってくれた!

完熟トマトのクリームスープ8-23soup.jpg 
濃い味わいが昔を連想させる。美味い!

和牛肩肉ポトフのジュレ 白インゲン豆のクリーム コンビーフのよう。8-23kataniku.jpg
これもしっかり味が乗ってます。


ワイン 89ラフォン ムルソー シャルムと88ルロワ ボーヌロマネ レ ボーモン8-23wine.jpg
ムルソーは最初から香り全開。ナッツ系の香りに加えて鉱物のようなニュアンスが混在。果実と酸のバランスがすばらしい。 レ ボーモンは最初閉じ気味、酸が強めに感じるも時間と共に甘いニュアンスが出てくる。

フォアグラと地鶏のプレッセ(プレス) 8-23torifoagura.jpg
フォアグラの甘みとムルソーがよく合う。

オマールとセップ茸8-23omaru.jpg
この甘味もムルソーと素晴らしいマアージュ!

クロワゼ鴨その18-23kurowaze2.jpg 
柑橘を感じるソース。

クロワゼ鴨その28-23kurowaze1.jpg
適度な野性味がよろしいです。

デザート8-23desert2.jpg



8-23desert1.jpg


久しぶりのアランシャペル。今風の料理とは明らかに一線を画しており、クラシックな空気を纏った料理。こういう料理にはやはり古典的なスタイルで適度に熟成したワインがよく合うと思う。現代風のフレンチももちろん好きだが、こういうスタイルもやはり アリ だと思う。

(それと料理長は何と 今年の ボキューズ・ドール国際料理コンクールに日本代表の佐々木康二でした!!もともとアランシャペル出身でエリタージュに行かれてまた戻ってこられてそうです!)


スポンサーサイト
  1. 2009/08/24(月) 00:51:22|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<The Sartorialist: (Bespoke Edition) | ホーム | 8月15日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/586-df51638a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。