WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

10月25日 L'Auberge de l'Ill Tokyo

アルザス3つ星レストラン。名古屋に続いて東京にも。旧ジョージアンクラブ。

料理はクラシック。ホッとします。

鵞鳥のフォアグラ テリーヌ  
 テーブルでサーブしてくれます。柔らかい食感がうれしい。ウンブレヒトのゲベルツ ハイムブルグ SGN 89 に合わせて。
0810-25-foa.jpg


黒鮑とフォアグラのラグー 肝のソース。
 オーベルジュ ド リルのスペシャリテ 濃厚なソースとフォアグラが良く合います。0810-25-awabi.jpg


オマール蝦のロティー 野菜のコンポート ソース コライユ
 このソースがまた私のストライクゾーンをついてきます。。このあたりからトリンバック リースリング キュベフレデリック エミル86 にシフト。かなりドライなワインでもう少し肉厚アルザスワインのほうが良かったかな。。
0810-25-omaru.jpg


グルヌイユのムースリーヌ ’ポールエールベラン’
  これこそオーベルジュ ド リルスペシャリテ。白身魚のムースの中にグルヌイユ。好みの味です。
0810-25-guru.jpg
 

ブレス鶏のロティ
 ジャド 96 シャルムシャンベルタンに合わせて。
0810-25-tori2.jpg


0810-25-tori.jpg


デザート ペー シュ エーベルラン
 桃がそのまま入ったデザート。濃厚な甘いソース。
0810-25-desert.jpg


ワイン
 0810-25-wine.jpg


今風のフレンチとは一線を画したクラシックなスタイル。
個人的には嫌いではないので昔を思い出しながら十分楽しむことが出来ました。

ありがとうございました!

スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 23:51:46|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<11月1日 一碗水 | ホーム | 10月24日 家菜>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/475-2962d993
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。