WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月23日 コート ロティ その2 

「ベルクール」にて。94のギガル3兄弟を水平で。最初92に比べてずいぶん若い印象を受けたがムーリンヌ、テュルクはすぐに開いてきた。

①ムーリンヌ

 92同様これもやはり柔らかいスタイル。香りも果実、ロースト、動物的な香り、味わいもボリュームタップリでとっつきやすいスタイルのワイン。

②ランドンヌ

 香りはいいが飲み口は酸が強めでドライなワインでした。本来の味わいとは少し違うのかも。。

③テュルク

 今日の中では一番好きなスタイル。ムーリンヌをさらに重厚にしたイメージ。凝縮感がすごい。ボリュームタップリ、果実の甘みとそれをしっかり支える酸がすばらしい。

0612-23.jpg


総括: ムーリンヌはシルキーで柔らかい、ランドンヌはタニック、テュルクは..(まだよくわからない。。味わい的にはムーリンヌとランドンヌの中間的な位置付けらしいがそうなのかな??)




スポンサーサイト
  1. 2006/12/23(土) 23:10:11|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<12月28日 なかひがし  | ホーム | 12月21日 コート ロティ その1 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/313-15085fb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。