WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2月5日 オイスター 

 友人が一家で来られた。オイスターも届き、ワインを開ける。

①ジャックセロス サブスタンス

 我が家にあるラストのジャックセロス。個体差が大きいように思うが、このボトルは当たり。少し熟成した感じもあるが、濃くて 個人的には好きなバランスをキープしている。

②ビオンディ サンティ ブルッネロ ディ モンタルチーノ 93

 友人がイタリアで新婚旅行で買ってきたもの。温度が上がるにつれ、香りがたってくる。熟成香がはっきりあり、ブラインドではボルドー と間違えそう。

③ドメーヌルロワ シャンボールミュジニー ラ フレミエール 90

 明らかに吹いた跡があるボトル。リスク覚悟で開ける。意外にも状態は崩れてない。余韻が長く果実たっぷり、厚みがすごい。立体的。 これがヴィラージュ物?おいしい。これが健全な状態だと、もっとすごいのだろうか?!やはりルロワは買いかも!

④シャトーパルメ 83

 マーラベッセ。落ち着いたワイン。当たり前だが、ルロワのような華やかさはない。でもバランスのよいすばらしいワイン。

⑤キュベ エクセプション 2001

 イケムの若木から作られたとの触れ込みだったが、友人の話では怪しいらしい。イケムのような濃さはない。甘好きなので別に問題なく 飲んでしまったが、確かに味わいよりも高値に設定されてるかも。。

20050206002812.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/02/06(日) 00:27:34|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2月7日 久々にジンファンデル | ホーム | 2月3日 ラモネの赤 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/31-3345d8d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。