WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

6月17日 長い一日 

 昨日は飲み続けで寝たのは結局3時。今日もま昼からた飲み続け。。お昼は東京のお知り合いの方のご案内で外苑前近くのお店で和食を。どれもしっかりした味付けで美味。 お酒は泡2杯と福島の「飛露喜」の純米吟醸(多分)。そのあと表参道ヒルズの「BISTY'S」へ。プリペイドのカードを購入しズラッと並んだワインをグラス単位でセルフで 頂く。結構上等なワインも置いてあるのにびっくり。ブラインドワインのコーナーもあり、皆で挑戦することに。んーー。仏だけでなくニューワールドも入っているのでさらに 難しい。でも皆で考え抜いたので8問中(赤4白4)国は5問正解、地域も4問正解。まずまずではないでしょうか。とかなんとか言いながら赤坂のワインサロンに少しだけ伺い 泡を軽く一杯。一旦ホテルに戻り衣服を整えてから「ロオジエ」へ。新シェフのブルーノ・メ ナール氏は大阪のリッツカールトンの「ラ ベ」におられたと聞いていたが、伺うと約10年ぐらい前らしい。ということは大阪で食べた事があるはず。しかし料理のスタイルは「ラ ベ」時代のモダンな様式ではなく、どちらか言うとクラシックに近いスタイルに変わっていた。美味。
 飲んだワインは

①シレックス2003

 悩んだ末ソムリエの方のオススメでシレックスに。今まで飲んだシレックスの中では一番美味しかったと思われる。開いた状態、ソービニヨンブランに感じるグレープフルーツに少し 甘みが加わり絶妙のバランス。余韻も長い。流石のオススメでした。(当たり前なんですが、ワインは数ヶ月単位で閉じたり開いたりしている可能性がある。ソムリエの方はレストランの今のワインの状態をよく把握しておられので まず今開いているワインを教えてもらうのがベストなんですよね。感謝でした!)

②ボーカステル C.N.P ブラン キュベ ヴィエヴィーニュ 2002

 ルーサンヌ100%。洞爺湖のブラスでも頂いたワイン。これも状態よし。料理によく合う。

③ドメーヌ トレヴァロン 90

 CS60%、シラー40%。繊細だが凝縮感もしっかり感じるワイン。これも押し出しが強すぎず料理とは好相性。

それにしてもさすがロオジエ。サービスの方の数が尋常ではない。また空いているワインも尋常ではない。。後ろでペトリュス数本、横ではマーカッシン ピノ に イケム。。 いったいレストラン価格でいくらのワイン??

ロオジエの後、またホテルの部屋で続きの飲み会。それにしてもよく飲みました。

066-17.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/06/19(月) 01:54:15|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<6月22日 いつものワインバーにて  | ホーム | 6月16日 タパス モラキュラーバー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/258-29d3824b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。