WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3月16日 レ クレイエール

仕事を終えて急ぎ足で「サクラ」の「レ クレイエール」フェアへ。シェフのDidier Elena氏は写真でうかがうよりかなり大柄な方で迫力満点(コルビ氏が小さく見える)。

アミューズ

 シャンパンゼリーのコロッケ、シャンパンとサーモン、シャンパンのブイヨンとアスパラ どれも美味!

063-16amuse.jpg


コションのアントレ トリュフ細工 ピエとフォワのフォンダン

 マグロの握りと軍艦巻きがモチーフらしい。(Didier氏お得意のRectangular Cuisine?)トマトのゼリーの下に層状の豚肉と野菜が。それぞれの味わいがしっかり主張しておりおいしいお皿。軍艦巻きも豚を使った料理で根セロリとトリュフのソースがグー。

063-16antore.jpg



帆立貝のラグー ブルトンオマール海老にトリュフ

 絶品でした。コッテリ甘ソースに弱い。。ペリゴール産のトリュフの香りがすごい。

063-16ragout.jpg


ブルターニュ産ヒラメ 根菜とエピス

 ドーバー海峡のヒラメらしい。これもRectangular。火の通り方がすばらしい。身質もねっとり。美味。うるいとエピスを合わせて。付け合せのジャガイもには甲殻類のソース。刺さっているのはヒラメの骨。

063-16hirame.jpg


比内地鶏 シャンパン風味のサバイヨン トリュフとハーブのカイエット

 比内地鶏に卵黄ベースのソース、ここにもトリュフが。身質がもう少しムチッとしておればもっと美味しく味わえたかも。。(本来は比内地鶏ではなくフランスの野鳥や家禽類を持ってきたかったとの噂も聞こえてきたが、このご時世では到底無理。。)奥に見えるのはほうれん草に包まれた内臓。

063-16hinaijidori.jpg


カラメルのデザート

 これまたRectangular。美味。

063-16caramel.jpg


ワイン

①サロン 95 

 前菜とメインにあわせた。サロン社が協賛にて、95は比較的リーズナブルな値段設定。状態よし。今まで酸がはっきりしたサロンを何度か飲んだことがあるがこのボトルはボリュームしっかりの味わいで美味しい。


②グランジュ・デ・ペール  2002

 ラングドック白。帆立貝、ヒラメのお皿にあわせて。ルーサンヌ80%、シャルドネ10%、マルサンヌ10%らしい。オイリー。ミネラル、金属、蜜、甘栗などいろんな要素が混ざったすばらしいワイン。アフターもかなり長い。また飲んでみたいワイン。

063-16wine.jpg


総括:今まで行ってきたシェフを招いてのフェアの中では一番印象に残るフェアでした。もちろん料理だけでなくレストランのサービスの方々によるところもかなり大きいと思います。いい時間を過ごせました。感謝!!
スポンサーサイト
  1. 2006/03/18(土) 01:17:41|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<3月19日 ミッシェル ブラス  | ホーム | 3月12日 天笑 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/228-3f5bbf1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。