WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3月9日 レジス・マルコン

 リーガロイヤルホテルにて。三つ星。レジス・マルコン氏の経営するオーベルジュClos des Cimesはローヌの田舎にあり、今年3月改装。
色々な意見があると思うが個人的にはストライクゾーンど真ん中の料理。自分自身のフレンチの根っこにあるステファンランボー(ホテルプラザ)を思い出させる 料理。もちろん昔のようにバターたっぷりではないがフランス料理における「うまみ」が凝縮された濃い味わいのお皿が続く。 ワインは泡以外持ち込ませていただいた。感謝!

アミューズ: マグロのタルタルとアボガド、バケットといわし、エスカルゴにハーブ風味ころもあえ

063-9amuse.jpg



オマール海老にカリフラワーのスープ、蜂蜜風味。

063-9omaru.jpg



帆立貝にきのこのうらごしとトリュフのスープを流し込む。

063-9hohate.jpg



あんこう

063-9ankou.jpg



フォアグラノロワイヤルにヨモギ、蜂蜜風味のキノコソース(コンソメ)を注ぐ

063-9foagurakonsome.jpg



蝦夷鹿フィレ肉にセップ茸

063-9szojika.jpg



ワイン

063-9wine.jpg


 ①99 クリスタル: 細かい持続性の長い泡。しっかりした味わいでレジス・マルコン氏の料理とは相性ばっちり。

 ②96 ラフォン ムルソー クロドラバール: 濃い黄色。甘い。トロピカル系の香りも感じるがやや熟成が進み気味の印象。

 ③88 ジャン ルイ シャーブ  エルミタージュ: 墨、甘、タンニンも丸い。バランスよし。

 ④78 ジャン ルイ シャーブ  エルミタージュ: 思っていたより若い。デカンタージュの上、時間を置くことによりやっと開く。

 ⑤01 イケム: すばらしい。。全く角が無い。。01リューセックもよかったがイケムもさすが。。01ソーテルヌはやはり買いか。

デザートとバニュルス

063-9deseru.jpg


ショコラが絶妙に薄い味わいだったのでポートでは甘すぎてバランス悪いとのことでソムリエ氏がチョイスしてくれたバニュルスをグラスで。いいコンビネーションでした。感謝。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/11(土) 01:09:47|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<3月12日 天笑  | ホーム | 3月4日 比良山荘>>

コメント

こんにちは

サイト見てたら記事が載っていたので、見にきました。また見にきますね~!
  1. 2006/03/11(土) 04:19:42 |
  2. URL |
  3. けんいち #-
  4. [ 編集]

こちらこそよろしく

訪問いただきありがとうございます。
また覗きにいらしてください。ひょとしてK.K.さん??
  1. 2006/03/12(日) 23:35:39 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/226-e2008f09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。