WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月25日 いのしし 

 知り合いのハンターの方から地元でとれたイノシシ肉をいただいた。薄く切って牡丹鍋に。肉はさっとシャブシャブで食べるぐらいが丁度よい。 火が通り過ぎると硬くなり、クセのある味わいに変化する。飲んだワインは Domaine de moulines 2003 メルロー。
果実の甘みがたっぷり。酸は控えめ。カリワインに近いニュアンスか。でも味噌鍋のイノシシ肉とは相性ばっちりでグイグイお酒が進みました。 牡丹鍋には古酒よりボリューム感のあるお酒のほうが美味しいのかな?

061-25-2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 01:00:12|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<1月26日 ワイン会  | ホーム | 1月24日 無題 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/206-0f664b65

デュジャック・クロ・サン・ドニ

100年、200年と代々この地でぶどう栽培、ワインづくりに携わる者が殆どのブルゴーニュにあって、ドメーヌ・デュジャックのオーナー、ジャック・セイスはパリ出身と、謂わばよそ者でありながらも、その世界的名声を僅か10数年で確立してしまった。
  1. 2006/01/28(土) 22:29:43 |
  2. ワイン関連資料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。