WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月11日 さくら 

 久しぶりにランチを「さくら」へ。昨日フランソワ シモン氏が来られていたらしい。飲んだワインは

①ミッシェル アルノー エ フィス Brut NV

ここのマスト(破砕されたブドウ液)がボランジェで使われているとのこと。トーストの香り。しっかりした味わいで美味しい。

②Duval-Leroy Brut Petit Meslier

プティ・メリエ100%で作られたシャンパーニュ。4日前に抜栓した物。さすがに泡は弱くなっているが、味わいはまだまだ力強い。

③ドメーヌ ラロッシュ シャブリ フルショーム 98

 たら白子のムースにあわせて。キリッとした酸と樽からくる甘み。アフターも長い。押し出しの強くない抑制の効いたワイン。

④Chevaliers de L'arquebuse Beaune 1978

エッジはレンガ色。10年ほどホテルで寝かされていたもの。10年前はタニックだったらしいが、今は完全に丸くなっている。果実は衰え気味だがまだしっかりバランスはキープしている。合わせた野うさぎとの相性ばっちり!

⑤シャルトリューズ VEP

ハーブ系(緑)と蜂蜜系(黄色)のリキュール。アルコール度数54%。飲み足りない時に締めのお酒として使えそう。

オマールのコンソメも美味しかった。昼から飲みすぎました。でもここのサービスは本当に心地よい。

0512-11sakura.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/12/11(日) 22:35:41|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<12月12日 牡蠣とワイン  | ホーム | 12月8日 テニス >>

コメント

はじめまして、
写真がとても綺麗で、ちょくちょく拝見させていただいています。

ミッシェル・アルノーはピノの豊かな量感とシャルドネの切れがうまくバランスしたシャンパンですよね。私も好きです。
コメントを書いてみようかと思わせたのが、デュヴァル ルロワなのです。
プティ・メリエって昔の品種と聞きましたが、味わいとしてはどんな感じなのでしょうか?
4日目でもまだ力強いとの事ですが、とても興味あります。
  1. 2005/12/12(月) 13:58:18 |
  2. URL |
  3. mudakich #-
  4. [ 編集]

プティ・メリエ

mudakichさん、はじめまして。このデュヴァル ルロワはプティ・メリエ100%ということで非常に珍しいですよね。味わいはというと、4日前抜栓ということでわずかにシェリーっぽい感じ、その割にはボリュームしっかり、という感じで、プティ・メリエ本来のもつ味わいというのは残念ながら的確にコメントできません。。すいません。。。又機会があればソムリエ氏に聞いておきます。
  1. 2005/12/13(火) 00:30:51 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/185-d37c5b87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。