WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

9月8日 ルーミエ 59

ルーミエワイン会 第2弾! 飲んだワインは

①ボーモン・デ・クレイエール ロゼ 2000

 きめの細かい泡。持続性も長い。繊細かつバランスよし。泡好きの友人から「シャックセロスのように今後ブレイクする泡ではないか」との意見あり。

②ロジェ カイヨ バタールモンラッシェ 88

 少しシェリーになっているが、古酒としてのバランスはまだキープしている。昔はこのスタイルのワインは敬遠気味だったが、だんだん耐性(?)が出来てきて 古酒として美味しく感じれるようになってきた。酸の質が味わいの決め手になると思われる。

③ルーミエ ミュジニー 59

 よくぞこんなボトルが残ってました。。液面はかなりロー。色もかなり薄くロゼワインのよう。香りは有機溶剤系。果実はわずかながら残っている。 シェリーではない。目をつぶって飲むと白ワインと間違えそう。最初は酸が勝っていたが時間を置くと酸の中にほのかな甘味を感じるようになり、こんどは ソーテルヌ古酒のように。

④ルーミエ クロ ヴージョ 90

 59とは全く異質のお酒。古酒が続いたあとなので妙に若々しく感じる。果実たっぷり、凝縮感、目のつまり具合がすばらしい。最初各要素がまとまりきって なかったが、時間を置くと丸みがでてきた。(でも7月飲んだ90ボンヌマールの方がかなりよかった。。)

059-82.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/09/09(金) 23:49:51|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<9月10日 バロン ド エル 92 | ホーム | 9月5日 アルマン ルソー>>

コメント

ら~ら~ら~♪

らら~ら~♪言~葉に~出来な~い♪(by オフコース)

此処まで色素の抜けきったピノを見るのは初めてです。勉強になりました。
  1. 2005/09/10(土) 14:22:38 |
  2. URL |
  3. daru #qGJFFIkc
  4. [ 編集]

私もビックリしました。

 私も50年代ピノは初めてだったのですが、まだ生きてました。

いつでも深遠なる古酒の世界へお供いたします^^;
  1. 2005/09/10(土) 23:24:20 |
  2. URL |
  3. YOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/142-38e85612
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。