WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7月21日 いつものワインバーで 

 仕事仲間との会合の後、いつものワインバーへ。飲んだワインは

①パルメイヤー シャルドネ 2001

 CWFCワイン会で4月に一度飲んだワイン。最初は供出温度が少し高かったせいか、ややぼやけ気味。少し冷やして時間を置くと開いてきた。 しっかりした果実の味わい。まろやかな酸とトロピカル系の味わいがいいバランス。ヴォリュームもしっかりで美味しいワインでした。

②シャトー パヴィ 1998

 98以後、急激に評価が上がっているシャトー。どんなスタイルか興味津々でいただく。こい紫色。最初に来る香りが強烈。黒っぽい果実、ロースト、スパイスなど。 味わいは固めのいきいきとした酸と骨格のしっかりしたタンニン。目のつまった感じで凝縮感がはっきり感じられる。今飲んでも充分楽しめるワインとなっている。 ジャミーな感じもなく何杯でも飲めそう。ただいつも思うのだが、今飲んで美味しいワインは本当に熟成してもおいしいんだろうか?(というか今いい状態で飲める古酒と同じかそれ以上のスタイルのワインになるのだろうか?)

057-21.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/22(金) 22:48:30|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<7月24日 ネペンス アンウッド・シャルドネ   | ホーム | 7月20日 ドメーヌ ヴァレット>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwayoo.blog2.fc2.com/tb.php/121-ca3e894d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。