WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

★★の実力

週末東京へ。鮨は「水谷」「さわだ」のいつものパターン。

夜は「Le Creation de NARISAWA」へ。何年ぶりかな。

厨房が覗けるようになってました。厨房、フロアー共にスタッフ多い!

センス溢れる 器、しつらえは相変わらず。

ラディッシュと土2-13sawadaamyuzu.jpg 
土は粒マスタードを炙ったもの。

北海道 散布のウニ、厚岸のカキ2-13sawadakai.jpg 
黒いのはカキと下仁田ネギのフリット。

宮崎の水牛モッツァレラ2-13sawadatu-zu.jpg 
新鮮!


植木鉢2-13sawadabatar1.jpg



なんとバターでした。土はオリーブを炒めたもの2-13sawadabata1.jpg 


白1 サン・フランソワ サンセール 20072-13sawadawine3.jpg 
 ミネラルしっかりで料理とよく合う。


「灰2009 バスクの風」 というタイトルのお皿2-13sawadaika2.jpg

まずヤリイカがサーブされて その上に液体窒素で冷やした灰のようになった赤ピーマン(だったかな?)をかけると、、

熱で溶けてごんな風に2-13sawadaika1.jpg

サプライズだけでなくしっかり味がのっていて美味い。

オニオンと黒トリュフのカネロニ 2-13sawadakaneroni.jpg



仏 サンスベール村のフォアグラと苺2-13sawadafoagura.jpg 
 成澤シェフのスペシャリテ、苺とフォアグラのコンビネーション。酸味とフォアグラの組み合わせもいいですね。ソービニヨンブランとも問題なし。

白22-13sawadawine2.jpg

イヴ キュイロン 07 コンドリュー

小田原漁港で揚がったラングスティーヌ 鶏のスープで2-13sawadaebi.jpg

 これも美味い。

石投(イシナギ)2-13sawadasakana.jpg 
 スズキ科の海水魚だそうです。火入れ、魚の状態ともにバッチリでこれも絶品。ヴィオニエと相性よし。

赤 ルーミエ 02 シャンボール ミュジニー2-13-wi ne1

 

炭 2009 36ケ月飼育の松阪牛2-13sawadaniku2.jpg 
 かなりぶれてますが網の上に炭。ムガリッツでも見たような。。

2-13sawadaniku.jpg

 surfaceに塗られた葱炭と松阪肉の組み合わせ。今流行の低温調理とは全く異なるコンセプト、何かほっとします。

日本酒アイス2-13sawadasio.jpg 
 松阪牛と一緒にでてきましたがマリアージュ的には? ワインの方が良く合いました。

水晶文旦、金柑、柚子、橙2-13sawadadezert3.jpg


カカオ2-13sawadadezert1.jpg


んーー。すばらしかった。サプライズもありながらそれだけで終わってないところが凄い。季節感、自然への畏敬の念、火入れ、炭など独創的な面も多く、最近ありがちなフレンチとは一線を画していると思う。

サービスもすばらしく至福の時間をありがとうございました。また絶対行こう!


スポンサーサイト
  1. 2010/02/17(水) 00:36:12|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

2月6日 比良山荘

これも恒例年一行事。熊を食べに比良山荘へ。

鹿 岩魚 鯉2-6hiratukuri.jpg

クセ皆無。

琵琶湖 本もろこ2-6hiramoroko.jpg 


七輪の上の鍋は雲井窯2-6hiranabe.jpg 
 味噌ではなく甘めの割り下で頂く。

菊菜 ねぎ ウド2-6hirayasai.jpg 
 


2-6hirakuma2.jpg 
 脂身が多いがしつこくない。

2-6hirakuma1.jpg

しゃぶしゃぶのようにさっと火が入った状態で食べる。美味。

これは猪2-6hirainosisi.jpg 
 熊ほど脂は多くない。これもクセ皆無。

鮑投入(ウソ) 栃餅です。2-6hiratotimoti.jpg 
 

骨煎餅2-6hirahonesennbei.jpg 
 

あとデザートいただいておしまい。

ワインは2-6hirawine.jpg



やはり鍋には白、それも適度に樽の効いたものがナイスマリアージュ。

ごちそうさまでした。







  1. 2010/02/07(日) 16:22:45|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2月4日 メーカーズディナー

サロン ルフレーヴ フェヴレイ の メーカーズディナー。サクラにて。

コルビシェフ 気合入ってました。

Creme de Choux Fleurs,Gelee de Homard Mousse de Persil,Caviar
2-4sakuraamuzu.jpg

サロン97に合わせて。カリフラワーのクリームの上にオマール海老のコンソメジュレ。その上にはパセリのムースとキャビア。よい相性です。

Jambon Persille a ma Facom
2-4sakurahamu.jpg

ルフレーヴ 07 ピュリニーに合わせて。ブルゴーニュらしい料理とのことでシャンボン ペルシエ。素材(ハムとパセリ)をバラバラにして再構築したスタイル。(クスダのハムとのことでした)ルフレーヴの方は今まで食べたシャンボン ペルシエで一番美味しいと言われてました。(コルビシェフ大喜び!)

Cuisses de Grenouilles, Puree d'Ail,Royale Verte
2-4sakura3.jpg

ルフレーヴ 99 ピュリニー ピュセルに合わせて。グルヌイユ、ニンニク、緑のロワイヤル。

2-4sakurakaeru1.jpg



Escalope de Foie Gras,Champignous et Racines
2-4sakurabief.jpg

フェヴレイ05 ボーヌ 1er Cru クロ ド レキュに合わせて。

Filet de Boeuf Roti Garni de Confit de Coeuf au Vin Rouge et KINTOKI-NINJIN
2-4sakuraniku.jpg

フェヴレイ90コルトン クロデコルトン に合わせて。ロティした国産牛の中にはコンフィしたビーフ。外壁はパスタ(ルドワイヤン風?)。金時ニンジンと。

vin2-4sakurawine.jpg



盛況でした。楽しい時間をありがとうございました。




  1. 2010/02/07(日) 00:31:18|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2月2日 ひらいし

クラリネットレッスンの後、新地の「ひらいし」へ。
ワインもあり てんぷらとのマリアージュが楽しめる。

今日は白リースリング 赤ピノ(ジャングリヴォー)を。

てんぷらもどれも美味しいが、エビ、ホワイトアスパラ、ふかひれ(!)
さつまいも が印象に残った。

またご主人は食べ歩きが大好きとのことで色々教えていただき恐縮。

食べ歩きが好きな人のお店は 当然ながらお客さんの気持ちもよく分かるので
居心地がよい店が多い気がする。 

その後は弘屋で2次会。マスドゥマガサックの85を頂いて〆。

ありがとうございました。

  1. 2010/02/03(水) 16:09:01|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。