WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7月24日 

しんこ 三枚づけ 宮産 厚みあり。しっかりコハダの味がのっていて美味い。7-24sinko.jpg


しんいか 一枚づけ 出水産 柔らかな食感と甘み。7-24sinika.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 11:28:21|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

7月20日 

台風一過7-20soto.jpg 


最後のランチを「龍景軒」にて

時間がないのでお決まりのランチコースmenu.jpg 


dim sum 1dimsum1.jpg


dim sum2 奥のは金魚なんですが、、dimsum2.jpg


スープ soup.jpg


コーンの甘さが効いてますsoup2.jpg


がちょう 醤油味guusu2.jpg


泡はビルカール サルモン ロゼ。料理と相性よし

海老 豆腐 マッシュルーム 鮑のソースebilan2.jpg
これも美味い。

わさび味の骨付き豚肉。 甘辛系、わさびが効いていてこれも絶妙。main.jpg 


ホタテ貝柱入り炒飯yakimesi.jpg 


小菓子
dezato.jpg


ミシュランに乗っかる訳じゃないけれど、やはり「龍景軒」好きです。
料理の味もさることながら、サービスが素晴らしい!
フライトの関係で1時間強しか無い旨伝えたうえで入店したのですが、料理の出るタイミングは完璧で全くストレスなく昼のコースを完食できました。合間を縫って料理の具合を聞きにきてくれたり、世間話もしながら楽しい時間をすごせました。

ありがとうございました。

  1. 2009/07/25(土) 11:21:37|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月19日 文華廳

実は前回 体調不良にて、行ったもののほとんど食べれなかったお店。
家族が「すごく美味しいかった」と言うのでリベンジ兼ねて再度訪問。

ワインリストかなり厚い。(値段は高め。)

まずは アンリオ ブランドブラン で乾杯。状態良し。

前菜1 仔豚19-kobuta.jpg 
 皮パリパリ、皮下のコラーゲンも旨い。

前菜2 牛肉19-niku.jpg
 エッジは火が良く入ってますが中はジューシー。

酸辣湯19-sanratan.jpg
 辛い!酸味とのバランスがすばらしい。

北京ダック19-dack1.jpg
 普段はあまり注文しないが後ろのテーブルのグループが絶賛しているので我々も思わず注文してしまう(主体性なし。)。。もちろん美味しいのですが他と比べて圧倒的かと言われると、、、よく解りません。。

北京ダックの身の炒め物19-dack2.jpg 
赤ワインが欲しくなる。。

白ワイン 02 トリンバック フレデリック エミール19-siro02.jpg
はっきりしたペトロール香。温度が上がるとさらにボリュームアップ。美味しい。

蟹の爪19-kanitume.jpg
今日のベスト一皿!身はほとんどレア。上湯の旨みが染み込んで絶妙のバランス。クセ皆無。

デザート1 洋ナシ19-desert1.jpg
蒸し洋ナシ。生姜味が効いている。

デザート2 茄子デザート19-desert2.jpg


美味しいお店!どのお皿も完成度高し!

また行きたい!!




  1. 2009/07/21(火) 23:13:58|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月19日 

台風襲来!雨で夜中に何度か目が覚める。朝起きてもやはり。。

19asa.jpg


それでも昼食はアイランド シャングリラへ向かって「夏宮」で飲茶
19kakyuu.jpg

もちろん美味しいのですが(ミシュラン星二つ)、特にサプライズというわけでもなく普通に完食。
ワインはオーストラリアのロゼ泡1本だけ。結構ベリー系でもう少し柔らかいスタイルが合うのでしょう。
(かなりの大箱店ですが、満員でした。)


  1. 2009/07/21(火) 00:10:40|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月月18日 黄油蟹

香港へ。目的は黄油蟹。

まずリーガーデンのBBRでワイン買っていざ九龍へ。

fuku1.jpg


前菜18-zansai.jpg
手前は鮑。ピータントロトロ。クラゲは肉厚。どれも美味。

18-awa.jpg
BBRネームのブリュット ロゼ。作り手はテオフィル ロデレール。ロゼといってもかなり淡い色調。適度なボリューム感が料理と良く合う。

フカヒレ姿煮18-fukahire.jpg


白1 シャブリ(フォトなし、作り手失念)と合わせたが結構樽が効いていて相性は今ひとつ。

キヌガサ茸 鶉の卵18-kinugasauzura.jpg
キヌガサ茸に極上上湯が染み込んでなかなかよろしい。

白2 18-siro.jpg
こちらの方がミネラルはっきりで料理と良く合います。

シェリーも18-shery.jpg
中華に良く合います。

ハタの蒸し物18-hata.jpg
クセは全くなく 身質の柔らかさ、詰まり具合が素晴らしい!これは確実に日本で食べたものより美味しい。

黄油蟹18-batakani.jpg
今まで日本で食べた物よりかなりデカイ。

18-batakani2.jpg
全身黄色の蟹味噌状態。まるで卵の黄身を食べ続けているような感覚。甘み大。

後は炒飯、デザートで〆。

サービスも心地よく楽しい時間を過ごせました。多謝!
  1. 2009/07/19(日) 08:49:13|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無題

冷やしうどん2種

「岩碗水」にて

udon1.jpg


udon2.jpg


  1. 2009/07/15(水) 00:06:45|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月14日 鮎に合うお酒

月例和食屋さんにて 焼き鮎。

いきなり大将が注文していないのに「ギネス」を注いでくれた。

湯木貞一氏はいつも焼き鮎に黒ビールを合わせていたらしい。

たしかに鮎の苦味、香ばしさと良く合う。

んーー。素晴らしい。

  1. 2009/07/15(水) 00:01:39|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月12日 比良山荘

鮎食べ年一行事。だんだん人数が増えてきて今年は20人!
(厨房改修にて24人までOKとのこと。)

7-12 hira


ワインは持ち寄り、泡に始まってビール、白、赤。いつものように酔っ払い。
泡師範のビール(アルコール度かなり高かった)美味でした。鮎にはビール合います(翌日ネタに続く)!

季節に応じた旬の料理を食べる。これに尽きます。



  1. 2009/07/14(火) 23:56:52|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

7月12日 冬瓜

ランチにて。いよいよ夏ですね。

7-11fuku1.jpg 


7-11fuku2.jpg


いろいろ具材の入っていない五目スープが一番よろしい。

ワインは勝沼甲州、樽の効いてない物を。

  1. 2009/07/14(火) 23:46:36|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月4日 Hajime

前回はオープン数日後だったかも、、今回はお誘いいただき2回目の訪問。あちこちから良い噂を聞いていたので期待大。


ミネラル7-4hajime.jpg


初回と全く異なる料理。旨味がしっかりのった美味しいお皿。すばらしい!


メニューの裏に書かれたメッセージが興味深い。

「すべての事柄は--(中略)---全ての面から究極に理解することが出来るということ。そしてそれを究極に完成度を高めること。」

「物事には正解がなく、究極に突き詰めることに面白さがあり、Artとしての輝きを放ち、芸術の域まで達したときに、真実へと近づける。」

まさにプロフェッショナルな意見で同感。我々がいくら趣味に興じてもプロには負ける。あくまで趣味は限られた(守られた)領域の中での勝負であってリスクを負った勝負とはかけ離れている。本当の到達点はギリギリ限界のところで勝負する人の中から生まれてくる。

いろんな意味で今後の展開をすごく期待させてくれるお店です。

また行きたい!



  1. 2009/07/14(火) 23:36:50|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月10日 夏鮨

新イカ7-10-2.jpg
2枚づけ。墨烏賊の持つ食感と甘みが堪らない。。

しんこ7-10-1.jpg
3枚。もう少し大きくなれば味もしっかりしてくるはず。

日本人でよかった。。


  1. 2009/07/11(土) 02:11:59|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月9日 散歩

犬の散歩という名目でパピヨン夜飯。

フジマルで泡一本買ってテラスで頂く。7-7.jpg

酔い気分で幸せでした。


  1. 2009/07/11(土) 02:01:40|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月7日 

クラレッスンの後 「ひで」へ。10席足らずのディープな空間。食べ好きの客が多く、大将は江戸前鮨マニア。思わず話も弾んで楽しい一時でした。また行こーっと。

  1. 2009/07/11(土) 01:56:22|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月30日 サクラ

仕事が早く終わったので久しぶりに。

awabi.jpg 


Kソムリエに合わせていただいた白はsiro.jpg
何ともいかついラベル。ゲオルグ・ブロイヤー 「ベルク・シュロスベルク」リューデスハイム リースリング。強烈なミネラル。果実の厚みもしっかりだが糖度はさほど感じない。料理と相性パーフェクト!最近はこのスタイルに滅法弱い。。

オマールomaru.jpg
これも白と相性バッチリ!

赤ワインはグラスで。これまたドイツ。aka.jpg

これは何度か飲んだことがあるはず。ブルピノよりややニューワールドっぽい果実がはっきりしたイメージかな。旨味もありコスパよろしい。

あとA-4和牛のフェアをしていて 何と半額なので頂niku3.jpg


これはサーロインですが、フィレの方が好みでした。箸で切れそうな柔らかい肉質。和牛は世界に誇れる日本の食材の一つではないでしょうか。

あとチーズにあわせて甘ワインamawain.jpg


すばらしいサービスの中で気持ちよく食事させていただきました。感謝!

  1. 2009/07/04(土) 10:36:57|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月28日 東京2日目

何と朝7時に起きて(起こされて)皇居一周ジョギング。

本気モードの人も多い中 こちらはマイペースでゆっくり一周。寝不足にもかかわらず気持ちよし。
これから東京へ来たら実行しよう!(ほんまかいな)

午後からは泡会
6-28-1.jpg

色々頂きました。大手メゾンはやはり美味いですね。感謝。

その後蕎麦 「更科堀井」6-28-2.jpg
さらしなそば。蕎麦の芯から作られる雪のように白い細麺。シルキー。

そのあと今度は渋谷「シノワ」にてブル赤数本飲んで帰阪。

ありがとうございました。



  1. 2009/07/04(土) 10:32:23|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月27日 東京へ

朝早くに出て銀座に直行 、「水谷」へ。相変わらず赤身と相性のよいシャープなシャリ。(お隣の我々より若いカップルは何と今日が水谷訪問100回目とのこと!東京のお鮨屋さんは若いお客さんが結構多い気がします。文化の違いか?)

その後仕事を済ませて夜は上野毛の「あら輝」へ。ここにも若いお客さんが何人も。旨味の乗った優しいスタイルの鮨。当然ですが「嘉瑞」と似ています。お酒も結構飲んで良い気分のまま銀座へUターン。「シノワ」で78ギガル コートロティを飲んで終わり。部屋に帰ってウインブルドンまで観てしまって寝たのは3時過ぎ。。
  1. 2009/07/04(土) 09:58:02|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。