WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

6月22日 笑う犬

スタッフのカメラ好きに刺激されてデジキスの単焦点レンズを購入。

086-22.jpg


さすがに綺麗!
スポンサーサイト
  1. 2008/06/23(月) 00:29:31|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

6月14日 木管五重奏

親父の趣味は音楽と酒。昔からオーボエを吹いていて80近いのに今も吹いている。酔うと時々木管五重奏(木五)をしたいと言う。今回、親孝行イベントとして自分のクラの先生に助っ人を頼み込んで木五を秘密基地で。編成はクラ、オーボエ、ファゴット、フルート、ホルン。クラ(自分)とオーボエ(親父)以外はプロ。。曲目はハイドン ディベルティメント、ダンツィー 木管五重奏曲(親父が選曲!)さすがにプロの方々はほとんど初見でサラッと吹かれる。。私自身も上手な人とよい和音が出来ると上手くなった気がして気分が高揚し high tensionに。すばらしい経験でした。

その後は皆でがやがやと食事。泡白と飲んだ後、赤を。90を2本開ける。086-14-2.jpg
ブラネール・デュクリュ マグナム 。飲み頃。杉の香りも混じってクラシックな印象。タンニンは丸くなっており果実と酸とのバランスもちょうどよい具合。

086-14-1.jpg
レフォール ド ラツール 90 去年暮れイギリスにオーダーしてやっと最近届いたワイン。エアーではあったもののこの時期に(クール便なし)届いたため かなり不安だったが状態はOKでよかった。。タンニンは丸くなっており飲み頃になっている。味わいはブラネール・デュクリュよりさらに立体的。トロッとした印象を受ける。これまた美味しいワインでした。
  1. 2008/06/15(日) 23:04:42|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

6月13日 無題

いつもの鮨屋にて一通り頂いた後、弘屋さんへ。

以前からキープしてもらってた赤を開ける。086-14.jpg
85シャーブのエルミタージュ。果実まだたっぷり。タンニンはこなれてきているも個人的には少しだけ若い印象。もう少し寝かせればさらにピノっぽいニュアンスが交じってきてワイン本来の厚みと相まってさらによくなりそう。

ありがとうございました!
  1. 2008/06/15(日) 22:36:51|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月10日 レッスン後に

最近は秘密基地にてレッスン。レッスン後カネトンへ。

086-10-1.jpg
ドメーヌ・ユーリス・コラン 初めて。業界の方の間では結構評判が良いらしい。シャープな泡。ミネラルたっぷり。

086-10-2.jpg
ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ ムルソー ジュヌブリエール 04個人的にはかなりストライクゾーン ど真ん中のムルソー。繊細でありながらミネラル、果実、蜂蜜、のバランスが素晴らしい!久しぶりに美味しいムルソーを飲みました!

赤はニュージーランド クスダさんのピノを頂いて終わり。

ありがとうございました!!
  1. 2008/06/15(日) 22:31:20|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月7-8日 金沢テニス(鮨)合宿

6/7 午前中は甲子園でテニス。午後からテニス仲間とサンダーバードで金沢へ。
夕食は 「めくみ」 良いネタを使われてると思いました。握りよりつまみが美味!086-7.jpg


6/8 朝からテニス、たっぷり汗を流してから昼は 「みつ川」。086-8.jpg
大将は久兵衛ご出身。つまみ少な目でしたが握りをしっかり頂きました。どれもうまい!しゃりとネタの一体感が抜群。(甘エビのヅケは初めて。)

酔っ払って電車で爆眠しながら大阪6時半着。良い週末でした!!
  1. 2008/06/10(火) 00:13:15|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

6月1日 アキュイール

クラリネットの練習の合間を見てランチに。

フォアグラを使ったクリームブリュレ086-1-amuzu.jpg


ホワイトアスパラ。今年食べた中でもかなり美味しい部類に入りました。086-1-whiteasupara.jpg


白はソゼ シャンガン 04 酸がきっちり。少し冷やし気味が料理に合います。086-1-siro04.jpg


フォアグラとヤングコーン。086-1-1.jpg
美しい。フォアグラ絶妙の火加減。

ニンジンとオレンジのグラニテ086-1-guraniteninnjinnorennji.jpg


金目鯛とズッキーニ086-1-kinmezukini.jpg


カナール・シャランデ086-1-sharannkamo.jpg
ビュルゴー家のシャラン鴨。絶品でした。太いほうが頭部、細いほうが尾部。たしかにマダムの言われるように太いほうがジビエっぽい(内臓に近いから)。塩だけで十分。

赤は086-1-aka.jpg
86ボーセジュール ベコ。状態バッチリ。飲み頃でした。

チーズ(名前失念。。)086-1-tizu.jpg


すばらしい時間をすごせました。ありがとうございました!!
  1. 2008/06/03(火) 00:19:03|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

5月31日 Kusumoto

次女と3人で。

海水雲丹の茶碗蒸し
085-31-2-5.jpg



碓井豌豆のスープ
085-31-2-2.jpg


フォアグラ アナゴ カダイフ (どこかで見たお皿と思ったら本湖月!)085-31-2-6.jpg


トゥレーヌ ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ 085-31-2-1.jpg
聞いたことはあるが飲むのは初めて。新井順子氏ワイン。上のお皿と完璧なマリアージュ。飲んだ後、口に残る少しの甘い感触のためシュナンブランかと思いましたがセパージュはソービニヨン ブランでした。


時鮭085-31-2-4.jpg
昼に続いて夜も!全くクセなし。

白金豚(だったかな?)とヤングコーン085-31-2-8.jpg


赤は085-31-2-3.jpg
美味!どう考えても仏ワイン!!

ありがとうございました!!

  1. 2008/06/02(月) 23:59:55|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

5月31日 Fujiya 1935

ランチはFujiya 1935。ホントに久しぶり。いつのまにかランチで夜のコースの物が食べられるようになってたのですね。嬉しい限り。基地から歩いていけるのがまた嬉しい!

お酒はグラスが何種類も出てくるワインコースで。

カダイフ、ビスタチオ、カンパリオレンジ085-31-1.jpg


ホワイトアスパラ085-31-2.jpg


稚鮎!塩に包まれた状態から085-31-3.jpg


赤ピーマンのスープにつけて085-31-4.jpg


出来上がり085-31-5.jpg


とろけるチーズのパスタ085-31-6.jpg


時鮭(ときしらず)と貝塚玉葱085-31-7.jpg


牛頬肉赤ワイン煮085-31-8.jpg


甘物

085-31-10.jpg


085-31-11.jpg


ご主人はエルブジに行ってこられたそうです。(羨。。)きっと何かinspireされてきたのでは!
また伺います!!
  1. 2008/06/01(日) 01:18:40|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。