WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月29日 今日もロワール

クロ・ルジャール ソミュール・シャンピニー・ル・クロ 03 081-29-1.jpg
昨日のマルジナルに比べると色調やや薄い。決して濃くない赤系果実。わずかなピーマン。ミネラル、凝縮感もしっかり。繊細でありながら複雑さもある好きなスタイル。濃くないのがよろしい。料理とあわせやすいワイン!


03 horizontal
081-29-2.jpg
意外だったのが3日前に抜栓したアルボアがすごく美味しかったこと。もともと熟成したニュアンスのあるワインなので数日置くとヘタるかなと思ったが、全然元気。甘みたっぷりで一番美味しかったかも。。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 18:04:24|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月27日 マルジナル

 朝からテニス、6セットして帰宅。クタクタ。。今日も家メシ。全豪オープンを見ながらワインを開ける。

ティエリー ジャルマン マルジナル 03。 ソミュールシャンピニ 081-27.jpg

カベルネ フラン 100%だが、ロワールによくある青っぽさは皆無。凝縮感しっかり。ブラインドしたらボルドーと間違えるだろう。樽から来ると思われる甘み。黒果実。濃い系のワインはホントに久しぶり。焼肉にも持ち込ちこめそうなワインでした。
  1. 2008/01/27(日) 23:15:36|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月26日 泡用グラス

娘の受験もあってなかなか夜の外食が難しい。
今日は家でしゃぶしゃぶ。泡を開ける。

ジョゼ ミシェル スペシャルクラブ ブリュット 98081-26.jpg

細かい泡。ミネラル、余韻かなり長くボリュームしっかり。バランスすばらしくかなり美味しい泡。
醸造家の方は白ワイン用グラスで泡を飲んでいると聞き我が家も最近はもっぱら白用グラスで。
飲んでみるとすぐ解るがフルートグラスは細く直線的に舌の奥へ液体が流れ込むのでどうしても甘みを感じにくくシャープな印象になる。一方白用グラスは舌前半分に広がりながらワインが口の中全体に留まるため甘みを十分に感じることができる。
もうフルートグラスは不要かも??
  1. 2008/01/27(日) 00:03:42|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

1月20日 福臨門

 次女のセンター試験が終わってほっと一息。家族で久々の福臨門へ。

前菜081-20-zensai.jpg


車海老を蓮の葉で包んで蒸したもの081-20-ebi.jpg


北京ダック081-20-pekin.jpg


北京ダック レタス包み081-20-retasu.jpg


フカヒレ 赤酢を足すとより甘みがしっかり。081-20-fuka.jpg


伊勢海老 上湯のスープ味。美味!これが今日の一番!!081-20-iseebi.jpg


鮑とナマコ これも美味。081-20-awabinamako.jpg


鹿肉と金華ハム うまみたっぷり。081-20-sikakinnka.jpg


移転直後の香港から来られたシェフはもう居られず
移転前(OPA店)のスーシェフだった方が現在大阪店のトップだそうです。
一時名古屋店のシェフが来られて(?)味付けが辛くなったとの噂も周りから聞こえましたが
今日の感じではそんな風にはまったく感じず、本来の繊細でかつ濃厚な味付けの
絶品上湯ベースの中華料理でした。(ここの上湯はやっぱり美味しいと思います。)

あとはもう少しボリュームがあって安ければ言うことないのですが。。









  1. 2008/01/20(日) 23:56:17|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月19日 ある日の出来事

別宅でクラリネットの練習。081-19-3.jpg
リードが今までむき出しだったのがいつのまにかお菓子のように一枚ずつ丁寧に包まれて売っている。何でも出荷時の湿度(45-60%)を維持するための処置らしい。リードもワインと同じで湿度管理が重要とのことでした。それにしても当たりのリードは少ない。。(使えるのは一箱で数枚あるかないか。。)

その後 リビングで鮨本を読み出すと(おもしろい!!)081-19-5.jpg





犬がしらない間に。。。。。



081-19-1.jpg


箱を噛んで遊んでいたらはまってしまったらしい。。


081-19-2.jpg


おかしすぎ。。。。。









おまけ081-19-4.jpg
セブンチェアって丸いんですね。美しい!
  1. 2008/01/20(日) 23:15:19|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月18日 オーストリアワイン

ニコライ・ホーフ イム・ヴァインゲビルゲ 2004
081-18.jpg
品種はグリューナー・ヴェルトリーナ ワッハウ  フェーダーシュピール ミネラルたっぷり。ライチ 。ゲヴェルツ似。きれいな酸で料理と喧嘩しないワイン。
  1. 2008/01/20(日) 22:58:03|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月8日 無題

 友人が来てワイン3本空ける。

081-8-1.jpg
ミネラルたっぷり、果実とのバランスよし。いつも通り。

081-8-2.jpg
04。セラー最後の一本。丸い。赤い果実。

081-8-3.jpg
硬い!タンニンしっかり 酸がはっきりしておりまだまだ寝かせたほうがよろしい。
  1. 2008/01/20(日) 22:44:19|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月4日 初サクラ

ご挨拶を兼ねてランチを。

アミューズ081-4-amusu.jpg


きのこ081-4-kinoko.jpg
きのこムースの上には甲殻類のジュレ。キャビアと一緒に頂く。濃厚。美味!

あわせた白ワインは081-4-siro.jpg
ビゾーのシャルドネ 05。畑はフラジェ エシェゾーとのこと。ビオ、微発泡。ミネラルたっぷりで料理と合わせやすそうなワイン。

オマール081-4-omaru.jpg
オマールの周りには豚耳、豚足を薄く切って巻いてある。海老芋(?)の上にはチョロギとベーコン。醤油味。ビゾー白では弱かったので赤(デュクリュボーカイユ01)と白(ラモネ シャサーニュ モンラッシェ 1er Cru04)をグラスで注文081-4-ramone.jpg
赤のほうがより相性バッチリ。

ピジョン081-4-pijyon.jpg
少しクセありのジビエ味しっかり。火加減もいい塩梅。カリンのソースとブーダンノワール。

合わせた赤は081-4-aka.jpg
ヴィダルフルーリー コートロティー ラ シャティヨンヌ 90。角が取れて美味しいワイン。

あとデザートにあわせて甘ワインも。081-4-ama.jpg
これもヴィダルフルーリー 03。ここまでくるとかなり酔いモード。美味しかったのですがコメント不可状態に。。。

料理、サービスとも大満足で楽しい時間をありがとうございました!
  1. 2008/01/06(日) 10:45:53|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月3日 ナマステ

おせちに飽きて濃い料理が食べたくなりインド料理へランチを。081-4.jpg
パパード(スパイスの効いた煎餅)、タンドール(シークカバブとチキンティッカ)、カレーはサグワラ(ほうれん草)、キーマ、野菜の3種類。あとナン(パン)とヨーグルト、ライスがついて千円台は嬉しい。昔はインド料理中毒で2週に一回は食べないといけなかった頃が懐かしい。今年はもう少し行けたら良いな。
  1. 2008/01/06(日) 09:43:46|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月30日 最後の忘年会

DRC開けますとのことで行きつけワインバーへ。0712-30.jpg
86モンラッシェ。高島屋物。DRCらしい厚みと複雑さは健在。バランスもよく時間をおいてもなかなか落ちないワイン。ただ果実は少し弱くなってきておりそろそろ飲むべき状態のワインでした。
貴重なワインありがとうございました!
  1. 2008/01/03(木) 01:20:21|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月28日 カネトン

お世話になった方と。泡(エグリウーリエ)と白(オステル タグ リースリング)を頂いた後今日のメインワインへ

0712-28wine2.jpg
すばらしい色調
0712-28siro.jpg
75イケム。すばらしい。今年のベスト3ワインに入ると思われる。数年前に飲んだ75は閉じ気味だったがこのボトルは完全に開いている。甘いだけでなく酸もありバランスのよさと余韻の長さ(30秒はある)が圧倒的。

0712-28foa.jpg
フォアグラと合わせて。

赤は0712-28aka.jpg
ボーカステル C.N.P. 78。丸くなりつつある。立体的。ただイケムの後だったので弱く感じたかも。

鴨。 美味 ジューシー 0712-28kamo.jpg
イケムと合わせてもまったく問題なし。(というかC.N.Pよりイケムのほうが相性はよかったかも。)

感謝!!
  1. 2008/01/03(木) 01:13:14|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月27日 弘屋

大学同級生と。

いつものようにセンスのよいお皿が続く。美味。ワインは0712-27.jpg
デゥーツは88。程よい熟成具合がすばらしい。ギーアミオのピュリニーは97。これも状態よし。ブルゴーニュ白の王道スタイル。果実と酸と甘みのバランスがすばらしい。赤は67シャペル。多分飲むのは5本目だと思うがこのボトルに関しては少し薄めの印象。まるでピノ古酒の世界。

その後「黒杉」でにぎりを頂いて解散。
  1. 2008/01/03(木) 00:49:23|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月23日 なかひがし

お誘い頂き感謝!料理は相変わらずすばらしい。

泡2本頂いた後 赤ワインは 66パルメ0712-23 wine1
予想通り果実は薄れて土っぽい感じが和食と喧嘩せずでした。
  1. 2008/01/03(木) 00:42:45|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月22日

テニス仲間と忘年会。1次会は「ながほり」、2次会は隠れ家にて

ワインは0712-tenniswine.jpg
どのワインも美味しかったが特にピュイーフイッセが秀逸。もっと買っておけばよかった。。

  1. 2008/01/03(木) 00:34:40|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。