WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

6月23日 ワイン会

久しぶりの持ち寄りワイン会。

①アンリ・ジロー・エスプリ・ブリュット

 上品だがしっかりした味わい。お昼酒大好き。076-23-jiro.jpg


②アンリ・ジロー・フランソワ・エマール・ブリュット・レゼルヴ

 ピノ100%とのこと。濃い色調。エスプリよりもさらにしっかりした味わいが印象的。ミネラルと旨みたっぷり。076-23-jiroreze.jpg


③ソゼ モンラッシェ 99

 キャップシールが一部破損、ネットリとしており液漏れが危惧されたワイン。開けてみると状態は極めて健全。香りは最初からかなり開いている。味わいは果実、ナッツ、トロピカルフルーツとそれを支える酸ががバランスよく口の中に溶け込んでいい感じ。余韻かなり長。美味でした。076-23-siro.jpg


④アンリジャイエ エシェゾー 85

 状態すばらしい。香りは十分開いており、赤い果実と甘みと酸が調和した美味しいピノの世界。もう飲めることもないでしょう。076-23-jyaie.jpg


⑤ラミッション オーブリオン 61

 コルクはかなりボロボロの状態だったがこれまた状態はすごくよろしい。杉の香り。味わいは黒砂糖を感じるポート系の味わい。ボルドー古酒は熟成に従い酸が目立つ薄いタイプと今日のようにポート系のしっかりした味わいになる二通りあるように思う。ワインのポテンシャルによるのか熟成の良し悪しで決まるのかはよく判らないが、ポート系に当たる確立は低いものの味わい的には断然こちらのほうが美味しいわけで今日はすごくラッキーでした。076-23-61.jpg



どのボトルもすべて状態がよく本当にありがとうございました。感謝!




スポンサーサイト
  1. 2007/06/25(月) 23:35:26|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月17日 ヴァリエ

久しぶりの訪問。

前菜
076-17-zennsai.jpg


ヒラメ
076-17-sakana.jpg
絶品!美味しい!!今はなきホテル プラザ「ル ランデヴー」の味を思い出す。火の入りが抜群でシャンパンを使った甘くて酸っぱいソースが美味!(昔はもっとクリームタップリで濃かったと思うが今はこれぐらいが丁度いい感じ)

鹿
076-17-sika.jpg
最近はたくさん捕れる(捕らなくてはいけない?)らしい。

ウズラ
076-17-uzura.jpg
中にはリゾットが。

佐賀牛とフォアグラ
076-17-sagagyuu.jpg


イベリコ
076-17-iberiko.jpg


デザート
076-17-desser.jpg


ワイン
076-17-wine.jpg

ピュイイ フュメはスッキリ。今の季節に丁度良い感じ。アルベール モローのボーヌは85だったが熟成が少し進んだ印象。フラット気味でもう少し果実味があるほうが料理に合ったかも。今日のようなしっかりフレンチにはやはり古酒よりは元気なワインがやっぱり合うのでしょう。

それにしたも今日の料理は素晴らしかった。また近々伺おう!!


  1. 2007/06/21(木) 00:26:44|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月16日 椅子

隠れ家完成近し!

チョイスした椅子は

076-16-2.jpg
シグード レッセル作 ザ チェアーをさらにグラマスにした感じが艶っぽい

076-16-3.jpg
フィンユール作 なめらかなカーブがすばらしい

076-16-4.jpg
ホームシアター用。ハンス J ウエグナー作。熊椅子。座り心地かなりよろしい。
  1. 2007/06/18(月) 00:14:22|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。