WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2月22日 ワインバーにて

月一の恒例行事。酒屋さん併設のバーにて値段は良心的なのがうれしい。

①ドンペリ 96

 濃くて甘くてそれでもしっかりバランスのとれたいつものスタイル。スッキリ系もいいけれどこういうスタイルもやはり捨てがたい。。
96はやはり美味しいんじゃないでしょうか。

②ミッシェルニーロン シャサーニュモンラッシェ 1er Cru クロ サン ジーン 98

 ニーロンはひさしぶり。頭の中のイメージよりは少し閉じ気味。

③ジャン ルイ トラペ シャンベルタン 01

 ビオワイン。しっかりめのタンニン、果実、酸のバランスよく、目の詰まった感じがなかなかよろしい。料理に合わせやすそうなワインでした。さすが。

072-22.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/02/24(土) 12:58:37|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2月17日 ステファン カラード 

 仏南西部の二つ星レストラン「シェ ルフェ」のステファン カラード氏のフェアに。どのお皿も美味しかったがフォアグラ、ラビオリ、オマールのお皿が印象的。
フォアグラはレモン、カボチャ、マンゴと相まって繊細な味わいに仕上がっているもののフォアグラそのもののしっかりした味を堪能できるお皿。 甘ワイン(リューセック90)とももちろん合いましたが、酸がしっかりで少し樽の効いたシャルドネでもいけそうな感じでした。
オマールはエスニックテイスト。チーズの入った春巻き、ジャガイモ、貝の入ったスープ。美味。
ラビオリ(写真取り忘れ。。)は地方料理のガルビュール(野菜スープ)に貝柱とブーダンノアール。これまた美味。
072-18-1.jpg


 ワインもグラスでいくつか頂いた後、ビューシャトーセルタン89をボトルで。最初から熟成香満開。味わいは最初少し閉じ気味で心配でしたが 時間をかけるとグイグイ開いて丸くなってきました。(ソムリエ氏の話しによるとポムロルは熟成の過程において結構閉じたり開いたりしますねとの事でした。)072-18-2.jpg


娘の受験も一段落、それまで一緒に祝っていただきました。感謝!!






  1. 2007/02/19(月) 15:33:34|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

2月10日 無題 

 久しぶりにクラシックを聴きにシンフォニーホールへ。ウイーン放送交響楽団 (ベートーベン「エグモント」序曲  ベートーベン「皇帝」 ベートーベン「英雄」 ) どれも聴きなれた曲ばかりで楽しめました。ワインと同じで良い演奏はホールを出た後の余韻が長いです。
 
その後 学生時代から行きつけの服屋さんへ春物を覗きに。残念ながらまだ出揃ってなかったが(当たり前?)シャツの話で盛り上がる。もともとボレリの シャツを結構揃えているが販売権を大手商社が買い取ったため入荷が難しくなる、値段もさらに上がると言う話。どうもボレリの路面店を出す作戦らしい。。人気が出ると値段が上がるのは当たり前だが多分10年前より1万円ぐらい上がっている。まるで最近のブルワインのようだなと思いながら話を聞いてました。。それこそワイン業界のようにきっとまだまだマイナーな良いつくり手のシャツ屋さんはあるのでは。。

  1. 2007/02/11(日) 18:21:45|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2月8日 弘屋 

 友人から急なお誘いがあり夜10時に「弘屋」集合。料理はおまかせで。どのお皿もいつものように満足満足。思えば最近は大箱レストランよりカウンター店がお気に入り。やはりお店の方と距離が近いのがよろしい。072-8-1.jpg


ワインはカリフォルニアのウェンテヴィンヤードのスパークリング(まるでシャンパン、CPよし)を頂いた後、

①カピタン ガニュロ コルトンシャルルマーニュ 88

 初めて飲む作り手。最初から冷やさず室温で。トロピカル系の香り。酸もしっかりで飲み疲れしないワイン。バランスよし。CP良いんじゃないでしょうか。

②シャペル 67

 液漏れのもう一本を持参。最初薄いかな(?)という印象だったが時間とともにグイグイ開いてきた。複雑な香り健在。甘みもあり友人が気に入ってくれたのが なによりでした!
072-8-2.jpg

  1. 2007/02/09(金) 22:39:18|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

2月4日 ひさびさの家族外食 

 早朝に起きて(エルボーのためテニスは控えて)筋トレ、ランニング。その後大阪市内へ。お昼は鮨。ワイン持ち込み、76シャススプリーン。 狙っていた通りの果実の削れたエレガント系ワイン。少し酸がはっきり。ツマミ重視でお昼から酔っ払い。072-4-1.jpg


その後「ブルディガラ」へ。
生ハム、チーズに合わせたのは81コス。76シャスと比べて熟成したニュアンスは同じでも厚みの差をかなり感じる。やはりコス大好き。
072-4-2.jpg


その後家具屋さんで話を詰めた後 娘と合流し中華料理で〆。よく食べました!
  1. 2007/02/06(火) 01:30:43|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。