WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月29日 67 シャペル 

 過去に飲んだワインの中でベスト5に入るお酒。ずっと探していたが英にてケース売りしているのを発見し昨夏オーダー、やっと先週エアーで届いた。 評価もほとんどされていないためか案外安く買えた(69の1/3、61の1/30!)。071-29-1.jpg
シャトーの印が押されているけれどこれって蔵出し?

その中に液漏れしているボトルが2本。どちらもまだボトルにねっとりした液が付いており輸送の間 極く最近液漏れしたものと思われる。071-29-2.jpg


今日はさらなるダメージを受けない間にと考え一本開ける。071-29-3.jpg


エッジはガーネットだが本体は濃い色調。香りは複雑、獣、墨、皮、腐葉土、トリュフ など香り満載。 味は果実の甘みが十分残っておりネトッとした感蝕がすばらしい。余韻もタップリ。 時間を置いても落ちる気配全く無く2時間ほどかけて十分楽しめました。

コレぐらいのバランスが個人的には最高に好きなスタイル。液漏れ関係なしの素晴らしいワインでした!


スポンサーサイト
  1. 2007/01/29(月) 23:00:15|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月26日 ルフレーヴ マコン 

 今年初リリースということで早速飲んでみました。抜栓直後は甘いルフレーブっぽいニュアンスを感じる。しっかりした酸、柑橘系。 ルフレーヴのACブルやピュリニーに比べると酸がハッキリしているのが特徴的。
071-26.jpg

  1. 2007/01/28(日) 22:31:47|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月25日 ワインバーにて 

 同業者の集まりの後4人でいつものワインバーへ。娘さんの受験が無事終わられたとのことでまずは泡で乾杯。

①ドゥーツ ブランドブラン 98

 透明なしゃれたボトル。これで3回目と思うがこのボトルも状態よし。キレイな持続性の長い泡。美味しい。

②クロドタール 95

 クロドタールは好きなブルワイン。ホントに久しぶり。赤い果実のなかに紅茶が混ざったような味わい。凝縮感もありバランスがすばらしい。

③デュクルボーカイユ 75

 リコルクなし。コルクの状態もよく極めて健全なワイン。角はとれておりタンニンは丸い。果実もまだ残っており酸も攻撃的ではない。 トロッとした甘みも感じる好きなスタイル。今まで75年というと硬いイメージがあったがそろそろ飲み頃になってきているのかな?

071-25.jpg

  1. 2007/01/28(日) 22:08:42|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月21日 PANDORA

はまりました。

PANDORA

家がいきなり「アルリコルド」状態になります!

dさん、thanks!!

  1. 2007/01/21(日) 22:02:22|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月20日 ソシアンドマレ 

 今日は一日家でゆっくり。ソシアンドマレ85を開ける。杉。果実はしっかりだがピーマン少し。もう少しボリューム感があれば言うことなし。ソシアンドマレは好きなワインだが、今まで飲んだ中では82が最高。なかなかコレを越えられない。

それにしても早くテニスエルボーを治さねば。。筋トレに励む日々。。。。
071-20.jpg

  1. 2007/01/21(日) 00:03:22|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月17日 アルベール モロー 

 テニスエルボー再発にて今日はレッスン休み。家でゆっくり。開けたワインはアルベール モロー ボーヌ ツーロン 85 。ボーヌに特徴的なしっかりした果実味はかなり衰え、土(湿ったというより乾いた土)のニュアンスが出てきている。少しの甘み。もう少し早くあけるべきだったか。。
071-17.jpg

  1. 2007/01/17(水) 23:51:10|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月13日 昼桜 

 新年挨拶シリーズ、「サクラ」へランチ。ワインは

①ポンソ モレサンドニ ブラン クロ デ モンリュイザン 02 V.V

アリゴテ混。最初酸味が強いアリゴテっぽい印象が強かったが徐々にほぐれてきてシェリー、甘みの混ざった状態になり複雑度アップ。
オマール、かにのキャベツ包み、アジアンテイストのスープと抜群の相性。ソムリエ氏さすが! 071-14-1.jpg


②ジル ロバン クローズ エルミタージュ キュヴェ アルベリック 2004
③ジル ロバン クローズ・エルミタージュ パピヨン 2004

 ジルロバンの飲み比べ。アルベリックがヴィエヴィーニュで上のクラスらしい。パピヨンの方が果実はっきり。アルベリックは果実控えめで少し凝縮した感じ。濃いシラーというよりはエレガント系のシラー。料理と喧嘩せずおいしく頂けました。 071-14-2.jpg


コルビシェフお勧め和牛(宮崎だったか?)、フォアグラ、トリュフソース。白アスパラや筍、白ねぎなどの野菜がとても濃くて美味。もちろん肉の火加減もバッチリでした。ありがとうございました。
071-14-3.jpg



  1. 2007/01/15(月) 23:22:59|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月13日 椅子行脚 続き

フィン ユールのチーフティンチェアを見に(座りに)行く。

見る人に与えるインパクトはかなり強烈。サイズはかなり大きめで関取でも座れそう。
071-13.jpg


これはかなり珍しいと思われるチーフティンのラブチェアー。実はコレを見に今日は訪問した次第。座ってみると腰は正面を向くものの背もたれのアールが強いため上半身は斜めを向いてしまう。。長時間座るのは苦しいかも。。。
071-13-isu2.jpg


実用性は一人がけの方が断然よさそう。チーフティンチェアは作品としての意味合いが強いのかな??

  1. 2007/01/14(日) 18:39:06|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月11日 無題 

 「本湖月」にて季節感タップリ1月の料理を頂いた後、新年の挨拶を兼ねて「弘屋」へ。ウニとガスパッチョ、ユリネとトリュフを頂きながらワインはフェヴレイ エシェゾー 81。きれいに熟成してました。果実もまだしっかり残っており甘みと酸が良いバランス。

071-11.jpg

  1. 2007/01/13(土) 23:17:47|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月9日 パーカー様 

 年末から読んでいた本をやっと読了。 パーカーが今に至るまでの軌跡を詳細に書き上げた本。アンチパーカー派も楽しめる内容になっている。
①ワインの民主化に賛成し消費者の味方と称していたパーカーが今ではワイン会の最高裁判官になっている事。
②ワインの高い値段も非難するが彼が賞賛したワインが果てしなく高い値段になってしまう事。
③ワインの多様性を擁護するにもかかわらず、現実には彼の記した文章によって多数の産地で同じスタイルのワインが造られるようになった事。
などなど従来から指摘されている色々な問題点を含んでいるがパーカー自身は気配りの出来る温かい義理堅い人ということが良くわかる。(ただ自分の意見と異なる人間には極めて攻撃的)

私自身も昔はパーカーの点数を気にしていたが現在ではワインは食事の一部としてのワインなので軽く精妙でエレガントな(パーカー流には「痩せ細った」)ワインの方が好み。したがって今のパーカーの点数を見て買うことはほとんどないし、逆に低い点数(85点以下?)の方に目が行ってしまう。(値段も安く一挙両得!)
このままパーカー様のテイスティングにぶれが無い事を祈ります(笑)。
071-10.jpg

  1. 2007/01/13(土) 22:06:44|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月8日 レッスンの後に 

 久々のクラリネットレッスン。下手ながらもアンサンブルは楽しい。レッスンの後いつものようにワインを。丁度よい加減に熟成している。果実もまだしっかり。甘みもありストライクゾーンに十分入ってました。
071-8.jpg

  1. 2007/01/13(土) 22:04:07|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月7日 椅子行脚

家の内装工事を控え椅子を勉強中。
いくつか廻って(座って)一目惚れしたのがコレ。シグード レッセル作。ウエグナーの「ザ チェアー」やフィンユールの「NV-44」に似ているけれどグラマラスで艶っぽいところがいい。
20070108152253.jpg


これもなかなか迫力あって曲線も綺麗ですばらしい!フィンユール作
isu-4.jpg


その後、一目惚れしたレッセルの椅子を置いてあるお店を紹介してもらう。よく伺うと「アルリコルド」におられた方が独立されたお店!世の中狭すぎ!!お店は「ALBALONGA(アルバロンガ)」。早速 食事と椅子に座るのを目的にランチに伺う。
071-7-4.jpg


カウンターにシグード レッセルの椅子が並んでいます。美しい。カウンターはフィンユール。
071-7-2.jpg


料理はこんな感じ。ホロホロ鳥のラビオリ、牛テールのラグーのパスタ、シャラン産鴨、どれも美味しく頂きました。
071-7-1.jpg


ワインはコレ。ピノネロ。97にしてはエッジにかなりガーネットが入っている。飲み口も熟成感がたっぷり。個人的には古酒好きなので十分に楽しめました。ありがとうございました。
071-7-3.jpg

  1. 2007/01/08(月) 15:24:13|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月6日 モンド 97 

 トロロンモンドのセカンドを。果実たっぷ、タンニンは丸く飲みやすいワイン。(ミッシェル ロラン スタイル)今風スタイルだが、料理の一部としてのワインとなるともう少し繊細な方がやっぱり好きかな。(ラベルはかっこいい!)
071-6-1.jpg

  1. 2007/01/08(月) 00:10:23|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月5日 ブルディガラ 

 新年の挨拶も兼ねて「ブルディガラ」へ。料理、ワインともにお任せでお願いしたところ、ベカスがありますとの事!今年はあきらめていたので超ラッキーでした。肉も少し熟成が進んだ状態でサルミソースとの相性もバッチリ。071-5-1.jpg

ワインは ドメーヌ ベルナール・ビュルゴー  コートロティー 01。濃い紫色。最初は果実、徐々に獣、革といったニュアンスもはっきりしてくる。ボリューム感タップリのワイン。料理とも相性よく頂けました。ありがとうごさいました。 071-5-2.jpg

  1. 2007/01/07(日) 23:51:31|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月3日 久しぶりの洋食

 お昼から友人宅のホームシアターにお呼ばれ。映画館もビックリの画質、音響の中でMi III を見せていただく。その後は我が家で。

① ブリューノ パイヤール N.P.U 1995 

 名前は聞いたことがあったが頂くのは初めて。N.P.Uはラテン語で「最高の・究極の」と言う意味らしい。デゴは05 6月。かなり細かい泡、持続性十分。華やかだがしっかりした味わい。ぐいぐい飲んでしまう。

②コシュデュリ ムルソー 2000

 最初少し閉じ気味。1時間ほどで開いてくる。余韻が長くトロピカル、モカ、ナッツといった甘系ワインに変身。いつものコシュデュリ節。よくできてます。

③ルイジャド ボンヌマール 88

 最初から開いた状態。香りはかなり複雑。土っぽさはなし。干しぶどうのような味わい。甘い。ボリュームしっかり、余韻も長く美味しい飲み頃ワインでした。
071-3-3.jpg

  1. 2007/01/03(水) 23:14:14|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月2日 今日もおせち 

 残ったおせちを盛りなおして。魚の絵のお皿は10年以上前唐津に言った際に香蘭社で買ったものでお気に入りのお皿。 ワインはエグリウーリエ ブリュット トラディション グランクリュ ピノ・ノワール70%、シャルドネ30% しっかりした味わい。カズノコ以外とは相性よし。
071-2.jpg

  1. 2007/01/03(水) 23:11:29|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月1日 あけましておめでとうございます。

ベタですが。。071-1.jpg

  1. 2007/01/02(火) 15:21:23|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月28日 なかひがし 

 お誘いを受け「なかひがし」最終日に。当たり前のように常連のお客さんばかりで埋まってました。料理はいつものように体に優しい、まるでブラスの和食バージョンといった趣のお皿が続く。鶏の水炊きは初めてでしたが内臓も入った見た目以上に濃く美味しいお皿でした。あとアマダイの炙りも良かったな。 0612-28-2.jpg


ワインはベルフォンをグラスをグラスで頂いた後、もう一本泡ギイシャルルマーニュをボトルで。スッキリ系で料理と相性ばっちり。赤はグランピュイデュカス61。ミッドショルダーだったがコルクの状態も問題なくまだ十分若い。タンニンは丸くなっており土、少し醤油系も交じって料理とは相性良かったかな。
お誘いありがとうございました!
0612-28-wine.jpg

  1. 2007/01/02(火) 15:09:58|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。