WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

8月27日 テニスの後で 

 友人連中とテニス+ワイン会。たこ焼きと泡をコートサイドで飲みながらダラダラとテニス。その後我が家へ戻ってBBQ。 皆さんの持ち寄りワインを美味しくいただきながら楽しい時間。90のコルトンシャルルマーニュ ホスピスドボーヌが美味でした。ちなみに我家からの持込ワインは

①90 ペゴー C.N.P キュベ ローランス

 ペゴーのキュベレゼルヴァとローランスの違いは大樽熟成の年数の違い(ローランスの方が長い)らしい。まだまだ若い。黒い果実。スパイス。甘みが勝っておりもっと寝かすべき。

②89 アンリ ソレル エルミタージュ レ グレアル

 マルク ソレル エルミタージュとして買ったのだがエチケットを見ると H.SORRELと書いてある。きっとお父さんのアンリ ソレルのワイン。これまたまだまだ若い。個人的に好みの飲み頃を迎えるにはかなりの年数を要すると思われる。

ローヌ古酒、なかなか我慢が必要です。。

068-27.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 01:19:11|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月21日 クラリネット レッスン 

レッスンの後、いつものようにワインを。今日は古酒を。

①ロデレール ブリュット

 いつもの濃いしっかりした味わい。

②ポマール  プロスペル モーフー  クロ ミコ 83

かなり良い状態。果実がまだしっかり残っているのに土系の熟成したニュアンスがきれいにバランスをとっている、トロッとした甘みもあり、かなりストライクゾーンど真ん中。 5Kという価格がまたうれしい。

③シャトー グロリア 75

 数年前に銀座のシェ イノ で82を飲んだ以来、多分2回目のグロリア。杉っぽい感触に熟成したニュアンスも混ざって良い感じ。

個人的には角の取れ具合に甘みを感じるかどうかが古酒の良し悪しの判断の分かれ目。そういう意味では今日のワインはどちらも当たりでした。感謝。

068-21.jpg

  1. 2006/08/22(火) 23:22:35|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月19日 アンリ ボノー 

Henri Bonneau C.N.P 89を。強烈な獣の香り。熟成した複雑な味わいに果実が十分溶け込んでいる。骨格となる酸もしっかりで余韻も長い。ジビエと合わせたいワイン。 熟成ローヌ大好き!

068-19.jpg

  1. 2006/08/20(日) 00:35:30|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月15日 ワインバーにて 

 夏期休暇最終日お呼ばれワイン会。沢山のワインを頂いたが大物だけの印象を

①82 ルイラツール モンラッシェ

  ナッツ系の香りもまだ十分。少しピークを過ぎた当たりか。でもまだまだ楽しめるワイン。

②61 ジスクール

  果実は殆どなし。乾し椎茸ゆで汁。多く飲むのは少しキツイかな。。

③67 ガヤ バルバレスコ

  これは美味しい。熟成したニュアンスと果実と酸のバランスがグーでした。


068-15.jpg

  1. 2006/08/20(日) 00:23:20|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月12日 キムチ鍋 

 まずは比良山荘の鮎なれ寿しとマグロの赤身を家にあった「呉春 吟」 とあわせた。良い相性。

068-12gosyunn.jpg


その後にキムチ鍋を。
キムチ鍋は個人的にはあまり好きではないが家族(特に娘)は結構お気に入り。お酒はと考えたがシラーのスパークリングがあったのを思い出し開けてみる。 以前猪、熊肉にあわせたが果実の甘みが強くてあまり良い相性とは言えなかった。今回はかなり冷やしてトライ。当たり前だが冷やす事により酸が強めに 感じられて果実の甘みもそれほど強調されない。キムチの辛さをリフレッシュさせるような感じ。ベストマッチかどうかは不明だがまずまずの相性だったかな。

068-12kimutinabe.jpg

  1. 2006/08/13(日) 22:31:56|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月8日 豚シャブ 

夕食は豚シャブ。ワインはいつも悩むのだが、今日は甘いゴマだれと合うかなと考え リースリングをチョイス。ビネール 2002。ワイン自体は しっかりした酸とりんごっぽい果実が良いバランスなのだが相性的には??

068-8-1.jpg


結局ヤマゴボウ梅肉あえとイカの塩辛が出た時点でこうなりました。。やはり日本酒との相性抜群。(当たり前。。)

068-8-2.jpg

  1. 2006/08/10(木) 01:09:57|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロータス

最近 ロータス エリーゼが気になる。
(流石にセブンに乗れる歳でもないし。。)

昔作ったセブンの写真を

068-6seven3.jpg


068-6seven2.jpg

  1. 2006/08/07(月) 00:48:47|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

8月6日 テニス 

 ニューオータニにて炎天下テニス。いつも夜テニスなので日差しが強烈。高層ビルを見上げながらトスアップする、なんとも異質の感覚。
おもいっきり汗をかいてから「サクラ」へ。コルビ氏は学会で山形出張とのことで少し残念。ワインは白主体で。料理も重くなく、スポーツ後には ちょうどいい感じ。今日もお店の方に感謝。良い一日でした。

スモークサーモンで巻いた鱸のソテー イカ墨パスタ
068-6suzuki.jpg

  1. 2006/08/06(日) 23:29:33|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

8月5日 ブルディガラ 

久しぶりに。淀川花火大会の影響かいつもよりお客さんは少なめ。料理、ワインはお任せで。飲んだワインは 

①オーボンクリマ ホワイトワイン  ヒルデガード 2002

 セパージュを聞かれて余裕でシャルドネですねと答えたら大間違い。。ピノ・グリ、ピノ・ブラン、アリゴテの混醸。。調べてみると
Hildegard は コルトンシャルルマーニュのシャルルマーニュ大帝の奥様の名前。昔のコルトンシャルルマーニュはシャルドネでなく ピノ・グリ、ピノ・ブラン、アリゴテが植えられていたという故事を再現したワインらしい。料理との相性もよく飲み疲れしない美味しいワイン。

②シャトー ベイシュビル 67

 マーラベッセ物。熟成感たっぷり、状態よし。耽美系ワイン。

③シャトー クーテ 92

 かなり熟成の進んだエポワスに合わせて。甘ワイン大好き。

料理もラングスティーヌ、オコゼ、など大満足。久しぶりの訪問なのにスタッフの方の対応が大変気持ちよく本当に良い時間を過ごせました。
感謝!

068-5.jpg

  1. 2006/08/06(日) 22:46:33|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。