WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7月29日 ル ポンドシェル 

 ワインは相変わらずちょこちょこ飲んでいるが久しぶりのアップ。行きつけのワインバーで知り合ったシェフのお店に。昔よく行っていたお店だが久しぶりなので少し緊張気味で訪問。
シェフはグランベフールのスーシェフの方で今年になって来日された パスカル ロニョン氏。お皿によってはピエールゲイ氏の料理よりはクラシック寄りに振れている様 に思えたがご本人にはモダンな料理をかなり意識されている様子。いずれにしても味わい的には前のシェフよりも輪郭のはっきりしたお皿が多く個人的には大満足。(昔からフレンチを食べてきた壮年から上の方には受け入れられそうな料理かな?)
ワインは料理の構成を考え白と甘をボトルで。

① Chassagne Montrachet Les Charrieres 2003 Rene Lequin Colin

果実と酸と樽のバランスがいい感じ。最近このタイプのシャルドネを飲んでなかったので妙に嬉しくなる。

②Grande Maiosn Cuvee des Monstres Monbazullac

フォアグラ、チーズ、デザートに合わせて。状態かなりよし。厭味は全く無くこれまたバランスのよいワイン。


帆立貝柱と水菜、トリュフのビネグレット。香り濃厚
067-29hotate.jpg


鴨フォアグラのグリエ、桃のローストとアーモンド添え、ポルトのジュ
067-29foagura.jpg


ブルターニュ オマールのロースト
067-29omaru.jpg


グルヌイユのロースト、グリーンアスパラのリゾット。少しロワゾー風?
067-29kaeru.jpg


鳩胸肉ロースト
067-29hato.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/07/30(日) 00:02:07|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月21日 黄油蟹

今年もまた。年一回だけのお楽しみ!

全身蟹味噌。今年の蟹は去年よりかなり身が詰まっており味噌もたっぷり!卵の黄身に白身魚のような肉質の混ざった味わい。赤酢との相性ばっちり。

067-21kani1.jpg


067-21kani2.jpg




冬瓜の五目スープ

067-21tougann1.jpg


067-tougann2.jpg



お隣ではワインが開いていたので思わずオーダーしそうになったがグッと我慢。やはりコレしかないでしょう。

067-21sake.jpg

  1. 2006/07/22(土) 00:55:32|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月13日 しんこ 

 友人といつもの鮨屋さんへ。しんこを頂く。今年は5枚乗せ、繊細な味わい。

067-13sinnko.jpg


ワインは持込で。

①シレックス 04

 ソービニヨンブランの特徴がはっきり出ているスッキリ系ワイン。きれいな酸。ミネラルたっぷり。

②トロタノワ 76

 獣、土、皮などの複雑系の香り。状態かなりよし。トロッとした感触がすばらしい。最近飲んだ中ではベストボルドーに値する一本。

067-13wine.jpg


そのあとバーに流れて〆は「弘屋」で。サマ-トリュフを使ったクリームソースのパスタを頂く。美味。ワインはシャプティエ C.N.P 75。古酒の味わい。

067-13pasuta.jpg


いい一日でした。お店の方々に感謝。



  1. 2006/07/15(土) 00:10:05|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月9日 比良山荘

年一恒例鮎食べツアー

今年もしっかり焼きの入った鮎を7匹と鮎ご飯をたっぷり頂く。
とくにタデ酢に付ける必要も無くこのまま丸かじり。
美味。

067-9ayu1.jpg


ワインはこんな感じ。
やはり甲州種との相性はよろしい。

067-9ayu2.jpg

  1. 2006/07/09(日) 19:03:33|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

7月8日 サクラ

アミューズ 
067-8amuse.jpg


サラダ。オマールと桃、コーンに白トリュフ、水ナスも
067-8omaru.jpg

 ワインはフューザルブラン96。少し熟成感が出ていたのでルフレーブのビアンビーニュバタール02も頂く。当たり前だがルフレーヴのほうが相性よし。
 

鮑、オクラ、四角豆、赤ワインソース
067-8awabi.jpg


豚肉 
067-8buta.jpg
火加減ばっちり。甘いソースとユエ キュベコンスタンス(!)03との相性よし。
067-8ue.jpg


スフレ
067-8sufure.jpg
グランマニエといっしょに。

いい時間を過ごせました。この後は家族のバーゲンにつきあって〆は糖朝で軽くいただいて長い一日の終わり。
067-8toutyou.jpg

  1. 2006/07/09(日) 00:32:28|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月7日 無題 

豚シャブ。旭ポン酢にたっぷりの大根おろしをいれて。
ワインは クール トュージュール 2004。ルーションのワインでセパージュはマカブー、グルナッシュブラン、 グルナッシュ グリ。しっかりした酸にチョットクセあり系の果実。苦味と酸味がポン酢と好相性。シャルドネ白ではこれほどの相性はなかったと思われる。

067-7.jpg

  1. 2006/07/08(土) 23:53:01|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月3日 無題 

 いつものようにクラリネットレッスンの後に2本空ける。

①デジカート・グラン・キュヴェ

 複雑さは無いがキリッとした飲み口。1K未満にしては十分と思われる。

②ヴァンサン・ジラルダン エモーション・ド・テロワール・ルージュ 2003

 ジュヴレ・シャンベルタン、ヴォーヌ・ロマネ、シャンボール・ミュジニ、マルサネの葡萄を使用しているらしい。香り結構複雑、果実たっぷり。凝縮感もあり 美味しいワイン。

067-3.jpg

  1. 2006/07/04(火) 23:57:05|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。