WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月25日 ベカス 

 今年の締めに挨拶を兼ねて「さくら」へ。昨日ベカスが入ったとの事。今年は鳥インフルエンザの影響でなかなか入らなかったらしい。
ベカスはあっさり系サルミソースで。飲んだワインは

①アランロベール NV

濃い目の黄色。繊細な泡。しっかりした味わいでバランスもグー。

②ドワジ デーヌ 90
③イケム 90

 グラスで頂いた。フォアグラにあわせて。ソーテルヌを比較して飲むことは滅多にないので比べて飲むと違いが良く判る。 
ドワジ デーヌは濃い黄色。甘みが舌にガツンとくるタイプ。酸もあるが余韻は短め。それに比べイケムは甘さ少し控えめでジワッと後から甘みが口の中で 広がってくる。余韻もかなり長く、全体としての丸みの差が違う。ブラインドしてもすぐわかるぐらいの差。さすがイケム。

④カロンセギュール 82

 熟成香ムンムン。もう十分飲み頃(少し過ぎたころか?)。

いい時間を過ごせました。若い頃のように色々なお店を訪れることもなくなってきた。当たり前だが、レストランの楽しみは やはりお店といい関係を構築することに尽きる。感謝!

0512-25.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/12/27(火) 01:04:31|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

12月24日 Armand Rousseau 

 今年お世話になったお鮨屋さんに挨拶をかねて昼食を。ルソー の ジュブレ シャンベルタン クロサンジャーク 86 を持ち込ませていただいた。 前回と同じく麦焼酎わさび入りと赤ワインを二つ用意しておいて、出されるネタやツマミに応じて飲むものを選ぶといったスタイルで。 丸いタンニン、果実味は残っているが控えめ。土、醤油、漢方系の味わいも。しばらくすると甘味も出てきた。余韻長。赤身、ブリカマ炙りなどとは抜群の相性。
 ワイン会と違って二人で一本だと じっくり飲めるので味わいの変化をゆっくり楽しめてなかなかいい感じ。

0512-24.jpg

  1. 2005/12/25(日) 10:58:55|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月23日 Domaine de Vallouit 78 

 半日テニスでたっぷり汗をかいた後、自宅で夕食。頂き物の仙台のタンに合わせてワインは ドメーヌ ヴァルイ エルミタージュ 78。香りかなり複雑。墨、醤油、黒糖、スパイスなどの混ざった香り。味わいは香りから連想するほどの甘みを感じない。味わいよりも香り系のワイン。 和食とはよい相性。調べてみるとこのドメーヌは現在ギガルに買収されており過去のドメーヌとなっている模様。

0512-23.jpg

  1. 2005/12/23(金) 20:33:03|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月17日 忘年会 

 仲間内で忘年会。宗右衛門町にある老舗ビストロへ。私は初めてだったが、ワインリストをみてビックリ!巷で有名と言われるワインが目白押し。 (82ボルドーの品揃えすごい。90もリストには結構あるがまだ持ってきてないとのこと。)価格は結構良心的で今の買値とほぼ同じか、それより安いものもある。 忘年会ということで渾身のワインを開けることに。飲んだワインは

①サロン 88

 少しシェリー。スッキリ。

②パピヨン ブラン 99

 樽の甘みと果実、酸のバランスがいい感じ。 

③コシュデュリ ムルソー ペリエール 90

 こんなワインが普通のビストロにあるなんて!リストを見た時、目が点になった。(コルトン シャルルマーニュも On LIst されていた。。)今日一番のワイン。
濃いが酸もしっかり。モカフレーバー。アフター超長。ほんとにバランスのいいワインでした。

④デュジャック モレサンドニ  95

 華やかなワイン。花系。

⑤シュバルブラン 82

 今まで何度か飲んだ中では平均点ぐらいに位置するボトル。(もっとボリュームを感じる物もあった。)でも凝縮した感じと余韻の長さはさすが。

⑥ファルグ 83

 来い黄色。フォアグラ、デザートの合わせて。薬っぽいニュアンスもなく美味しいワインでした。


0512-17.jpg

  1. 2005/12/23(金) 01:52:04|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

12月18日 日出鮨 

 お誘いをうけ「日出鮨」へ。かねがねお伺いしたいと思っていたお店。お店には一畳半ほどのワインセラー。800本ほど入るらしい。
飲んだ(飲ませていただいた)ワインは

①ルイロデレール ロゼ 99

 持続性の長い細かな泡。バランスよし。

②ウンブレヒト クロサントゥルバン ピノグリ 03

 少しだけ苦味を感じる。最初各要素がバラバラな印象だったが時間を置くにつれまとまってきた。

③シャプティエ コートデュローヌ ブラン 72

 今日一番impressiveなワイン。抜栓時コルクが沈み込んだのでワインの状態が少し心配だったがまったく問題なし。シェリーっぽい味わいは皆無。 若いローヌ白の持つ華やかなイメージはなく、ドライな辛口ワインになっている。シャルドネ古酒とも少し違った趣。和食との相性ばっちりのワイン。

④ドメーヌ ルロワ サビニーレボーヌ レ ナルバントン 92

 甘くて濃い果実。ボリュームたっぷりで美味しいワイン。

⑤モンローズ 75

 丸いタンニン。余韻長い。目の詰まった凝縮感のあるワイン。少し湿った土。思っていたより濃いワインだった。

⑥アーサー バロレ& フィス シュバリエモンラッシェ 82

 あの有名なDr.バロレの息子(?)のワインらしい。濃い黄色。少しシェリーも混ざるがバランスはキープしていた。

⑦シャトー サンピエール 64

 64にしては濃い色調。味わいは柔らかくバランスがすばらしい。ヅケとの相性◎

お鮨もリーズナブルな値段で大満足。いい時間をすごせました。ワインを提供したいただいた方に感謝!

0512-18.jpg

  1. 2005/12/18(日) 23:50:20|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月15日 リコルク 

 古いパルメを開けますとのことで仕事が終わりバーへ直行。泡、ブーブレ86と続いた後に28パルメ。想像していたよりも若々しい。 時間とともに甘みが広がってきた。同時に飲んだ75シャススプリーンより立体的な構造。ブラインドしたら28とは答えられないだろう。 コルクを見ると86にリコルクしているよう。キャップシールやラベルにリコルクの明記がないのでネゴシアンでなくシャトーでリコルクした可能性が高いと思うが、シャトー出しであればこそ何年のワインを追加したのかをラベルに明記してくれたらいいのにと思う。

0512-15.jpg

  1. 2005/12/17(土) 07:58:01|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

12月12日 牡蠣とワイン 

 頂き物の的矢牡蠣にワインを。「牡蠣」と言えば「シャブリ」だが、その由来は「牡蠣を食べることのできた貴族が抗菌作用を期待して リンゴ酸を多く含んだシャブリ地方のワインを飲んだから」らしい。
 今日開けたワインはドメーヌ ルフレーヴ ピュリニーモンラッシェ 2002。今回は生牡蠣と牡蠣フライをたっぷり食べたが、フライのほうが 香ばしいニュアンスもあるためワインに好相性だった。
 生牡蠣に合うワインを調べてみると、田崎真也氏の次のようなコメントが。「生牡蠣にレモンをかけると生臭さが強調されるように、ワインに おいてもフルーティーなワインよりも熟成した白ワイン(それも樽熟成でないもの)が好相性」とのこと。次回試してみようかな。
 
0512-12.jpg

  1. 2005/12/13(火) 00:03:39|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

12月11日 さくら 

 久しぶりにランチを「さくら」へ。昨日フランソワ シモン氏が来られていたらしい。飲んだワインは

①ミッシェル アルノー エ フィス Brut NV

ここのマスト(破砕されたブドウ液)がボランジェで使われているとのこと。トーストの香り。しっかりした味わいで美味しい。

②Duval-Leroy Brut Petit Meslier

プティ・メリエ100%で作られたシャンパーニュ。4日前に抜栓した物。さすがに泡は弱くなっているが、味わいはまだまだ力強い。

③ドメーヌ ラロッシュ シャブリ フルショーム 98

 たら白子のムースにあわせて。キリッとした酸と樽からくる甘み。アフターも長い。押し出しの強くない抑制の効いたワイン。

④Chevaliers de L'arquebuse Beaune 1978

エッジはレンガ色。10年ほどホテルで寝かされていたもの。10年前はタニックだったらしいが、今は完全に丸くなっている。果実は衰え気味だがまだしっかりバランスはキープしている。合わせた野うさぎとの相性ばっちり!

⑤シャルトリューズ VEP

ハーブ系(緑)と蜂蜜系(黄色)のリキュール。アルコール度数54%。飲み足りない時に締めのお酒として使えそう。

オマールのコンソメも美味しかった。昼から飲みすぎました。でもここのサービスは本当に心地よい。

0512-11sakura.jpg

  1. 2005/12/11(日) 22:35:41|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

12月8日 テニス 

 テニスエルボーにて止めようかと思っていたテニスを8ヶ月ぶりに本格的(?)再開。仕事を終えて舞洲へ。寒さに加え、海に面しているので風も強い。 どのゲームもこじれたので3時間で4セット。ヘトヘト。でも気分爽快!20年以上も続けてきたので止めてしまうのはやっぱりもったいない。

0512-8.jpg

  1. 2005/12/10(土) 00:05:32|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月5日 クラリネット 

 クラリネットレッスン。プーランクのクラリネットソナタ。。難しすぎ。。。歌うように吹きたいのだが。。。。(歌えるにはDNAが要との意見もあり。。) 先生は早く帰られたので家内と二人でルイジャド ボジョレー ヴィラージュ 2003を開けた。トマトソースのパスタに合わせて。果実味たっぷりの若々しいワイン。 凝縮感、ボリューム感もある。ぐい飲み状態でいい気分。

20051205233023.jpg


0512-5-wine.jpg

  1. 2005/12/05(月) 23:32:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月1日 ローヌ古酒 

 Mas Saint-Louis Chateau neuf du Pape 70 。海外酒販で買ったもの。状態OK。エッジは少し琥珀色。果実の甘みがまだしっかり残っているが、 タンニンはかなり柔らかい。口の奥両側にわずかな苦味も感じる。ボルドー熟成系に黒糖を足したような味わい。美味しい。何種類かのピザと合わせたが 甘からソースで味付されたピザとの相性が抜群。やや甘めの料理に合う。古いローヌは状態がよければボルドー、ブルゴーニュ古酒より絶対お買い得。

0512-1.jpg

  1. 2005/12/01(木) 23:17:57|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。