WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7月30日 はがくれ 

午前の仕事を終えて昼は一人で「はがくれ」へ。いつもの生じょうゆうどん。麺のコシとつるっとした喉越しが大好き。

057-30hagakure.jpg


愛車(10年選手)のエンブレムを新品に交換!うれしいー!!

057-30lancianew.jpg


古いエンブレム。お疲れ様でした。

057-30lanciaold.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/30(土) 15:37:13|
  2. うどん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月28日 G.Roumier 

「ルーミエワイン会」をしますとのことで持ち寄りワイン会にお呼ばれ。 まず95のサロンで乾杯。いつものサロンのイメージとは違う濃いスタイルでグーでした。その後に飲んだワインは

①86ムルソー ナルボー ルロワ

 熟成したニュアンス強いが健全なワイン。いい熟成を経て今に至ったという感じ。甘いニュアンスがあり、シェリーはそれ程でもない。ブラインドしたら ボルドー白熟成形と間違えそう。。

②83 コルトン シャルルマーニュ G.ルーミエ

 ヴォリュームしっかり。酸もOKでルロワより若々しい。少しナッツの香りも。モンラッシェグラスとシャルドネグラス両方で頂いたが、予想に反してシャルドネグラスがバッチリ。 熟成ピークの上り坂にあるワインにはモンラッシェグラスが向いているが、このような熟成ピークから下降線上のワインは逆にモンラッシェグラスでは酸を引き立ててしまう。 (考えれば当たり前でした。。)

③オートコートドニュイ  2000 LAVINIA

いままでカーブオージェのものしか飲んだことが無かったのでLAVINIAは初めて。うすい黄緑色。ミネラルたっぷりシャープなワイン。時間を置くと蜂蜜。アフター長め。

④ボンヌ マール 85 G.ルーミエ

 甘!艶っぽい香りなどなど、香りかなり爆発。バランスよく余韻もすばらしい。

⑤ボンヌ マール 90 G.ルーミエ

 私の持ち込みワイン。状態が心配でしたがOKでした。85より濃い色調。これまた甘!バナナ。85とスタイルの共通項は見られる。また飲めるかな。。

⑥ アリエッタ レッドワイン “ヴァリエーション 1” 2000

 コングスガードが作る赤ワイン。メルロー、カベルネフラン。綺麗な飲み口としっかりしたボリュームがいい感じ。

⑦シャトー ギロー 89

 薬っぽくなくていいバランスだったと思います。(記憶が曖昧に。。)

057-28.jpg


おまけ(石でできたコースター)

057-28omake.jpg

  1. 2005/07/30(土) 02:02:15|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月27日 Fujiya 1935  

 食べること好きの友人から幾度も勧められていたお店。やっと行けました。。モレキュラーガストロノミー。ナイフを入れるのをためらうようなヴィジュアル的に すばらしいお皿が続く。サプライズと言う意味では去年(今年ではない)のピエールガニエールのフェアよりもインパクトがあったような。 どのお皿もインパクトは強かったが特に印象的だったのがフォアグラの瞬間冷凍したものとホロホロ鳥の卵の組み合わせ、さざえのパセリ風味にアホブランコ(白いスープ)のアイスクリームを添えたもの、鮎をほんわり焼いたものにピキーリョとオレンジの少し辛めのソース。 海水のゼリーなどなど。「視覚」と「口の中での触感」と「味わい」のズレが面白い。料理に対して科学の知識をうまく使えば、味わいや風味が まだまだ良くなる皿がいくらでもあるのでは。無限の可能性を信じたい。

057-27.jpg

  1. 2005/07/28(木) 18:34:04|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

7月25日 シャトー パヴィ  

先週98パヴィを飲んだので 比較の意味で家にあった85パヴィを開ける。98の様な香りの広がりはないが、不快な香りは皆無。果実、スパイス、時間をおくと コーヒー様の香り。味わいは少し丸みを帯びたタンニン、少しの甘味。酸も感じる。欲を言えば厚みがもう少しあれば、という感じ。熟成した年月を考えると 単純には比較できないが、厚みと言う意味では確かに98の方がかなり勝っているかな という印象を受ける。

057-25.jpg

  1. 2005/07/25(月) 23:25:20|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月24日 ネペンス アンウッド・シャルドネ  

朝から投網を使った鮎捕りに連れて行ってもらう。かなりむずかしい。。結局捕っていただいた2匹を頂いて帰る。イベリコ豚と鮎塩焼きが夕食となる。 ワインはオーストラリアのネペンス アンウッド・シャルドネ 2003。樽を一切使ってないシャルドネとのことで鮎に合わせてみた。予想通りけっこう好相性。 ミネラルとすっきりの酸、アッサリ系の果実味がいい感じ。やはり樽のもつヴァニラの香りが皆無のワインが鮎には合うことを再認識。

057-24.jpg

  1. 2005/07/24(日) 22:49:22|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月21日 いつものワインバーで 

 仕事仲間との会合の後、いつものワインバーへ。飲んだワインは

①パルメイヤー シャルドネ 2001

 CWFCワイン会で4月に一度飲んだワイン。最初は供出温度が少し高かったせいか、ややぼやけ気味。少し冷やして時間を置くと開いてきた。 しっかりした果実の味わい。まろやかな酸とトロピカル系の味わいがいいバランス。ヴォリュームもしっかりで美味しいワインでした。

②シャトー パヴィ 1998

 98以後、急激に評価が上がっているシャトー。どんなスタイルか興味津々でいただく。こい紫色。最初に来る香りが強烈。黒っぽい果実、ロースト、スパイスなど。 味わいは固めのいきいきとした酸と骨格のしっかりしたタンニン。目のつまった感じで凝縮感がはっきり感じられる。今飲んでも充分楽しめるワインとなっている。 ジャミーな感じもなく何杯でも飲めそう。ただいつも思うのだが、今飲んで美味しいワインは本当に熟成してもおいしいんだろうか?(というか今いい状態で飲める古酒と同じかそれ以上のスタイルのワインになるのだろうか?)

057-21.jpg

  1. 2005/07/22(金) 22:48:30|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月20日 ドメーヌ ヴァレット

7月20日 ドメーヌ ヴァレット

 家内のつくった夏野菜のパスタにあわせて、ドメーヌ ヴァレット プイィフュイッセ  レゼルヴ クロ レシエ 1999 を開けた。 4月に飲んで以来で約3カ月ぶり。黄金色。なめらかな酸。蜂蜜も。今日のボトルもいい状態でおいしいワインでした。

057-20.jpg

  1. 2005/07/21(木) 08:05:48|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月18日 エリシウム

今日は早起きして、月例行事となっている葛城山登山。たっぷり汗をかいてから下山。お昼はパスタとプロセッコのスパークリング。夕食は惣菜だったが、食後に 飲んだワインがエリシウム・カリフォルニア・ブラック・マスカット。エリシウムとはギリシャ神話で「理想郷」とのことらしい。ブラックマスカットを使った遅摘みワイン。 花、ライチの香り。なめらかな甘味で酸もしっかり感じる。コストパフォーマンスなかなかいいんじゃないでしょうか。

057-18.jpg


葛城山頂付近にて

057-18hana.jpg

  1. 2005/07/18(月) 22:47:37|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

7月17日 しんこ 再び

 お昼に鮨を。また「しんこ」が出た。今日は4枚のせ(前回は7枚)。旬を感じる繊細な食材。もちろんどのネタも美味しかったが、つまみで出た冬瓜にウニをのせて お酢のにこごりをかけたのも美味しかったな。日本人でよかった。。もう鮨なしでは生きていけない体になりつつあるような気が。。

057-17.jpg

  1. 2005/07/17(日) 15:34:42|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月16日 ワイン本2冊 

 次女がワイン漫画を買ってきた。「神の雫」。結構ディープな漫画。ワインを日常飲まない人が読んで面白いかどうかいささか疑問だが、個人的にはストーリー展開もドラマチック(すぎて)、面白く、熟読してしまった。もう一つは5年ほど前に出た本「ワインティスティングを楽しく」。本棚で眠っていたので引っ張り出してきて読む。 今までどこかで聞いた内容の話も多いが、改めて理論を再整理させられた感じ。用語の使い方がいい加減だったことを反省。ブログとして書いてる以上きっちりコメントしなくては。。

057-16.jpg

  1. 2005/07/16(土) 22:28:51|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

7月12日 ルメール フルニエ 

ルメール フルニエ レ・モランディエール 2002を開けた。シュナンブラン。華やかな香りと酸。心地よい甘味もあり、ぐいぐい飲めました。

057-12.jpg

  1. 2005/07/14(木) 23:28:30|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月10日 比良山荘

 年一回の恒例鮎食べ行事。最近は安曇川解禁の7月に行くようにしている。ご主人の伊藤さんによれば「ぎりぎりの塩とぎりぎりの火加減」がポイントらしい。 鮎塩焼き7匹が3回に分けて出される。ふっくらと焼くのでなく、しっかり火が入っており表面の焦げ具合と身のしっとり具合のバランスがすばらしい。 オチ鮎の干したものをつかった鮎ご飯も秀逸。たでを乾燥させたものに山椒をまぜたタデ粉をふっていただく。美味。
 ワインは各自持ち寄りで。白はやはりガイヤックや甲州といったすこし青っぽいニュアンスを持つ抑えめワインがよく合う。うるかにはソーテルヌ。初めての 経験だったがこれも結構いけた。あと達磨正宗の古酒も持ち込んだが、これも冷やすと酸がひきたって相性を高めていた。赤ワインはシノンが印象的。 乾いた土のニュアンスがいい相性を作ってたと思われる。今回感じたのは鮎にあわせるときのワインの温度。通常よりも少し低い目に持って行ったほうがいいバランス。
 持ち込まれた皆様、ありがとうございました。

057-10-2.jpg

  1. 2005/07/10(日) 23:50:28|
  2. 和食|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

7月8日 プロヴィナンス・ヴィンヤード

 プロヴィナンス・ヴィンヤード メルロー  2002を開けた。しゃれたラベル。鰻の蒲焼にあわせた。色はかなり濃い。最初に来る香りがすばらしい。チョコレート、黒い果実など色んな要素が混じっている。味わいは ボリュームたっぷりで、メルローのような滑らかさはあまり感じない。

050708.jpg

  1. 2005/07/08(金) 23:45:07|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月7日 本湖月

 本湖月へ。いつものように菊姫のにごり酒から始まって旬の食材のオンパレード。はも、鮎、三豊なすなどなど。お椀はあこう。鮎はしっかり火が入っており 美味。はものお茶漬けもおいしかったな。ただ、料理全体に味が濃い気がしたのは体調のせい?美山荘の後だから?お酒は「ひがん」で通しました。そのあと、久々「弘屋」へ。 ワインはJean Faurois(ジャン・フォロワ) 90。90にしては硬い印象。少しほこりっぽい、土のニュアンス。最後まで開かなかったけどこれはこれで楽しめました。
あと、75シェリーをいただき帰路へ。

050707-1.jpg

  1. 2005/07/08(金) 00:21:52|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月5日 ル カノン ルージュ  

 冷シャブにあわせて。日本人醸造家、大岡弘武氏がローヌで造るワイン。微発泡している。自然派ワインにてSO2がほとんど添加されてないので 2次発酵が起こったのか。クール便、セラー直行で温度には気をつけていたつもりだが。。味わいは最初どうしても微発泡が気になってしまい、他の要素 がはっきりとつかみにくい。徐々に甘いイチゴジャム、黒っぽい果実の味わいが。しっかりタンニンもある。まだ各要素がまとまりきってない印象。

057-5.jpg

  1. 2005/07/05(火) 22:43:42|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

7月3日 中華料理にあわせて 

家内の作った中華料理にあわせて。

①ニコラポテル ブルゴーニュ シャルドネ 2002

 それほど強くない酸。アフターはそれほど長くない。もう少しボリュームがあれば。。

②アタランギ サマー・ロゼ 2003 

カベルネとメルローにピノムニエをブレンドしているらしい。赤系のベリーの香り。穏やかな酸と果実の味わい。いいバランスのロゼ。

057-3.jpg

  1. 2005/07/04(月) 08:21:10|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月30日 しんこ 

 またすし禁断症状がでてきて、仕事が終わってから鮨屋へ直行。しんこが出た。7枚のせ!季節を感じる旬のネタ。繊細な味わい。 その他、どのネタもすばらしかったが海水ウニが印象的。甘味があってすばらしい。みる貝の水管でない部分を炙ったのも美味しかったな。日本人でよかった。。

調子に乗って日本酒飲みすぎました。


  1. 2005/07/01(金) 08:08:46|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。