WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3月28日  

クラリネットレッスンのあと、いつものようにワイン。

①フロッグスリープ シャルドネ 2002

 暖かくなってきたのでさっぱり系白ワインがおいしくなってきた。心地よい酸とミネラル感のせいで、ぐいぐい飲んでしまった。

②リメリック レーン ジンファンデル 1999 collin vineyard

梅の香り。(以前ターリーZinでも感じた香り。これがZinの香り?)濃すぎずどちらかと言うと上品系に入るジンファンデル。

053-28.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/03/30(水) 13:59:01|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月27日 なかひがし 

 以前からずっと行きたかったお店。誘っていただき昼食を。ご主人のお人柄がそのままお店の空気を作っていてゆっくりと時間がすすんでいく。 料理はどれも飾ってないんだけれど、しっかりした味つけでついつい笑顔が溢れる。どのお皿もすばらしいが、特に印象に残ったのが岩魚の焼き物、 白味噌のお碗、鯛、鴨の炭火焼、酒粕で巻いたカラスミ、めざしと白ご飯(5杯おかわりした!)ワインはモーザックという品種で作られたガイヤック地方の白ワイン。 「日本の美」は「引き算の美」とよく言うけれどまさに今回のワインと料理のマリアージュもそれ!お互いがでしゃばらずきれいな和音を作っていました。

本当にいい時間をすごせました。連れて行ってくださった方に深謝。

053-27.jpg

  1. 2005/03/28(月) 00:35:46|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月26日 弘屋 

 家内と弘屋へ。いつもながらおいしいお料理。お知り合いが68ワイン会をされていて、そのワインも少しお相伴にあずかる。飲んだワインは

①オートコートドニュイ 2000 カーブ オージェ

 DRCがワインショップ『カーヴ・オージェ』の為に瓶詰めしたもの。 ミネラルたっぷりで酸と果実のバランスがいい感じ。樽の要素も少し感じる。 料理とあわせやすいワイン。

②イグレック 68

 お相伴ワイン。よくぞこんな貴重なワインが残ってました!完全に茶色!味はドライシェリー。バランスは崩れてなくてちゃんと熟成を経た白ワイン のお手本のよう。持ち込まれた方に大感謝。

③ブシャール ペール エ フィス 79 シャンボールミュジニー

 最近評価が上がっているブシャールの古酒。土(ほこり)っぽいニュアンスに果実の甘みが少し加わった感じ。 

④コスデスツルネル 68

 これもお相伴ワイン。最後の澱の部分を少しいただく。それほど果実も衰えてないように思ったが。スパイス。 色は少し薄めだがこれはこれで充分いい状態。68はあまり評価されてないがまだまだOK。ご馳走様でした。

⑤コスデスツルネル 64

 家内の生まれ年ワイン。68より色はかなり濃い。68は右岸がよいとのことでコスもあまり評価されてないようだが、充分おいしいワイン。 杉、土、果実のバランスがいい。ヴォリュームもあり、トロッとした感触。時間とともに漢方、スパイス系も出てきた。

⑥ティルキュル ラ グラヴィエール キュヴェ マダム  97

 パーカーが94、95と立て続けに100点をつけたモンバジャックの貴腐ワイン。キュヴェ マダムは以前東京で95を飲んで以来2度目。95はシロップのようなワインで 濃すぎ、甘すぎで、はっきりわからなかったが、この97に関しては薬系の感触は皆無で柑橘系と酸が調和しており今飲んで美味しいワインになっている。

 よく飲みました。ありがとうございました。

053-26.jpg

  1. 2005/03/28(月) 00:29:46|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月25日 職場送別会 

 近くのビストロへ。ローランペリエをグラスで一杯飲んだ後白を一本注文。アルベールグリボー 2001 ACムルソー 。黄金色。少しシェリー、ミネラルはしっかりあるが蜂蜜、バターはあまり感じない。ボトルコンディションの問題もあるかな?

053-25.jpg

  1. 2005/03/28(月) 00:25:58|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月20日 持ち込みワイン会 

 名古屋からイタリアンのシェフがこられて料理を作っていただきワイン会。 今回は個々の詳細なコメントはなし。飲んだワインは写真の通り。どれもおいしくいただけました。持ち込まれた方々に感謝!!

053-20.jpg

  1. 2005/03/23(水) 22:50:04|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月21日 SIDEWAYS 

いい映画でした。本当に。熟成してピークを過ぎた人間と、ワインの熟成とが絡み合っていいお話になってます。たしかにワイン好き必見です。もう一度見にいこうかな。

053-21.jpg

  1. 2005/03/21(月) 23:05:17|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月19日 弘屋 part3 

ハービスエントにあるオイスターバーでモエシャンドン イエローラベル をあけた後、またまた弘屋へ。飲んだワインは

①ルフレーブ ピュリニーモンラッシェ クラヴァイヨン 1997

 最初温度が少し低めだったので硬かったが温度上昇とともに開いてくる。最後の一口がいちばんおいしい よくあるパターン。

②ロベール アルヌー 1971 AC ボーヌロマネ

 最初から香り全開!おいしい!甘い香りの中に古酒特有の土、キノコ、毛の湿ったような香りなどが混ざっていい感じでした。

053-19.jpg

  1. 2005/03/21(月) 22:44:49|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

3月17日 弘屋 part2 

まず新地の老舗鮨屋「O」へ。お客さんは我々以外は同伴出勤のカップル一組のみ。つまみの切り身(ひらめ、タイ、中トロ)は美味。おすしは普通。 ネタとシャリとの一体感はあまり感じられず。。それより驚いたのが値段。ちょっと高すぎ。。お店を30分そこそこで脱出して2次会は「弘屋 」へ。 いいトリュフが入ってるとのことでトリュフたっぷりマッシュルームのサラダとオムレツを注文。どちらも本当に美味!飲んだワインは

①ロベール アルヌー 1969 ニュイサンジョルジュ

 ご主人が今までのイメージと違うということで急遽グラスワインに変更となったボトル。たしかに舌の先に酸を強く感じて若いワインかと思わせる。 香りは古酒の香りが部分的に感じられ、その乖離が微妙なところ。ボトル飲みでもよかったのに、ありがとうございました。。

②シャトードポマール 1976

 古酒らしいバランスのとれた味わい。うすくなってきた果実の味わいと土の香りのハーモニー。

③ツィント ウンブレヒト SGN 1999

チーズとデザートに合わせて。柑橘系の味わいがしっかり。酸もはっきりで美味しい甘ワイン。

053-17.jpg

  1. 2005/03/18(金) 01:51:48|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月15日 ル・パコドゥ・ド・コス 

先日に続き、今日もボルドーを開ける。ル・パコドゥ・ド・コス1999。コスのセカンド。ボディはしっかりあり、タンニンは丸く、舌触りはいい感じ。 コス同様、セカンドもメルロー比率が高いのかな?

153-15.jpg

  1. 2005/03/15(火) 23:49:58|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月13日 京都へ  

京都で研究会の後、東寺で立食の懇親会。少しだけ飲んだ後ワインバー「ワイングロッサリー」へ。

①シャトーララギューン 1989                    
                   
 生まれて初めてフレンチに行ったとき(25年以上前!)に飲んだ思いで深いワイン。ピーターストラップのもの。ミディアムボディでバランスよし。
                   
②サンタバーバラワイナリー ジンファンデルエッセンス  2000

 甘ワインだが、酸がはっきりと感じられる。梅のような味わいを持つ、個性的な味わいを作っている。おいしい。

053-12.jpg

  1. 2005/03/14(月) 07:52:27|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月10日 弘屋  

 仕事仲間と研究会の後「弘屋」へ。料理はボリュームもしっかりあり、どのお皿も本当においしい。飲んだワインは

①Ruinart ノンミレジメ 黄金色、しっかりした泡。どっしり濃い系。喉も渇いていたのでほとんど一気飲み。

②ルネ ドーヴィサ 1999 Chablis 1er Cru le Forets  しっかりした酸がgood

③Reine Pedauque 1988  Batard Montrache  初めて聞くネゴシアン。このあたりから会話モードに突入。コメントが曖昧に。。

④Robert Ampeau 1991 Volnay Santenots タンニンも丸くなっていて果実しっかり、動物系の香りも。

⑤Jean Boillot 1983 Volnay Fremiets 熟成香たっぷり。

⑥アロイス クラッハ (ヴィンテージ失念)  デザートにあわせて甘ワイン。 バランスよし。

 そのあともう一軒ワインバーへ流れて、デュガピーのAC ボーヌロマネ (2000?)を飲んでお開き。。よく飲みました。帰ったら3時過ぎ。。

053-10.jpg

  1. 2005/03/12(土) 01:00:29|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月8日 ミッシェルニーロン  

家内の濃い系白のリクエストに応じて。ミッシェルニーロン シャサーニュモンラッシェ 2002。いつもながらの安定した味わい。どっしりしたボディ。ナッツ、蜂蜜 、バターの甘みと酸との絶妙の調和。やはり大好きな作り手の一つ。フロッグスリープは昨日あけた物。今日飲んでもおいしく頂けました。

053-8.jpg

  1. 2005/03/08(火) 23:45:50|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月6日 ブルディガラ  

 昼食をブルディガラへ。飲んだワインは

①フランソワ・ジョバール ムルソー・ジュニュヴリエール  1995

 ミネラリーなワインとの事であったが、飲んでみると酸も柔らかくなっており、樽のニュアンスも少し感じられるムルソーであった。
ガルグイユに合わせるつもりだったが結果的にはホワイトアスパラとの相性がバッチリであった。

②ダラヴァレ 93 カベルネソーヴィニヨン

 以前サンフランシスコのルビコンで一度飲んで感動したワイン。期待したほど動物系の香りはでていないが、果実のジャムと酸がバランスよくまとまったワイン。
兎のパスタ、熟成した青首にあわせて。


③ルンガロッティ 1997 ヴィーノ・サント

 デザート用にグラスで。バランスよし。

良い時間そ過ごせました。お店の方に感謝!

053-6.jpg

  1. 2005/03/06(日) 20:56:39|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月5日 Bommarito Merlot Napa Valley '99  

今日もカリフォリニアワインを。ドッシリ系。シロップと果実味がかなり濃厚。もうすこし繊細な方向に振れてる方が個人的には好みかな。

053-5.jpg

  1. 2005/03/06(日) 09:39:47|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月3日 LOGAN  

 しゃぶしゃぶに合わせた。Robert Talbott Vineyardで作られる息子の名前のついたピノノアール100%ワイン。まず感じたのがバランスがすばらしいということ。
赤い果実の香りがしっかりで口に含むと梅、ベリー、ロースト、スパイスなどの香りが色々出てくる。タンニンも柔らかく凝縮感もしっかりあり、美味しいワイン。
これもまた買っておこう!

053-3.jpg

  1. 2005/03/03(木) 21:51:30|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月1日 Robert Chevillion  

ニュイサンジョルジュで評価の高い作り手。今日開けたのは1er Cru Les Pruliers 2002。調べてみるとニュイの南側に位置する畑。味わい的にはニュイの町を 挟んで北側は「エレガント」、南側は「パワフル」とのことだが、実際飲んでみてもしっかりした果実、タンニンがバランスよくまとまっており、どちらかというと ポマールのような力強い印象を受ける。テロワールの特徴がよく現れたワインと思われる。

053-1.jpg

  1. 2005/03/02(水) 23:42:04|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。