WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月29日  ローヌワイン会 

 お誘いがあり、弘屋へ。料理はすばらしい。泡2本空けた後、

①1993ギガル/エルミタージュ白
②1991ボーカステル/パプ白
③2001 ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン  マコン・ヴィラージュ・キュヴェ・トラディション 
④1988ギガル/ロティ
⑤1985ジャック・レイノー/ピニャン
⑥1979ボーカステル/パプ
⑦1978 ポールジャブレ/コルナス 
⑧1976 ギガル/ロティ

 やはり印象的だったのは85ピニャン。この中ではダントツの凝縮感。アフターがスーッと丸いまま収束する。
76のコートロティもよかった。少し弱くなってきてたが、最初の一杯の香り味わいはすばらしかった。

持ち込まれた方に感謝!


20050130003008.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/01/30(日) 00:29:31|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月28日  ポンテベッキオ

 学会の後、仲間内とポンテベッキオへ。大阪証券取引所に場所が移転されてから始めて。 料理のスタイルは基本的には変わってない。普段ほとんどイタリアワインは飲まないが、勧められて飲んだワインは

①Borgo Del Tiglio collio chardonnay 2001

 シャルドネ。酸がしっかりしており、料理にあわせやすいワイン。グイグイ。

②Giarone chardonna 1999

 ラシーヌ物。シャルドネ100%?苦味が少しあり、果実と樽がまだ一体化していない印象を受けるが。。

③Castello Di Ama 1995 Vigneto la Casuccia

 サンジョベーゼらしい酸を最初に感じる。いい熟成をしたおいしいワイン。

④Tignanello Antinori 1986

 思ったより熟成が進んでおり、デキャンタージュなしで。土っぽい香りが支配的。

⑤Vin Santo Avignonesi 1992

 これがすごい!濃厚。セメダイン(有機溶剤系)の香りがムンムン。甘ワインでありながら酸もしっかりあり骨格がすごい。
たくさんは飲めないが、是非また飲んでみたいワイン。

20050129024444.jpg

  1. 2005/01/29(土) 02:45:04|
  2. イタリアン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月27日  本湖月

 本湖月の1月の料理を。季節を感じるいつもながらの充実した料理。ご飯の炊き方も抜群。個人的には大好き。
お酒はヒガンと〆張り鶴を飲む。その後、ワッシーズへ。飲んだお酒は新世界ワイン。

①Andrew Will Champoux Vineyard 2001

ボルドー セパージュのワイン。干しブドウのような甘みを強く感じる。昨日飲んだFoley Estates Merlot のような繊細さはない。

②エルダートン コマンド シラーズ 2000

 ワインスペクテイター97点 ロバート・パーカー92点 のワインらしい。濃い。甘みが最初にきて、後からシラーっぽい感触が。 もう少し熟成させて飲みたいワイン。


20050128014250.jpg

  1. 2005/01/28(金) 01:41:48|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月26日  Foley EstatesMerlot la Cuesta'99

勧められて買ってきたワイン。澱がすごい。もう少し寝かせてあけるべきと思ったが、テニスから帰ってきたらもう開いていた。。
滑らかな口当たり。凝縮感があり酸と果実のバランスがすばらしい。2千円台のワインとは思えない。

20050126230101.jpg

  1. 2005/01/26(水) 22:58:29|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月23日  トリュフ 

 トリュフワイン会が中止になったので「さくら」のトリュフフェアへ。今年のトリュフは質的には特に問題なしとのこと。
飲んだワインは

① アランロベール ブランドブラン セレクション NV

かなり濃い色調。ビスケット、トーストの味わい。シェリー香はほとんど感じない。おいしい。

②ジョスメイヤー  ピエリ リースリング 96

 ピエリとはスズメのことらしい。ラベルにもスズメの絵が描いてある。黄金色。料理にあわせやすいワイン。 しっかりした酸と果実味がいいバランス。そんなに甘くもなくドライなワイン。

③ヴォギエ ボンヌマール 86

 去年飲んだヴォギエの90ボンヌマールはガチガチだったが、86はエッジに茶色が入っており、熟成が進んでいるのが伺える。
最初から香りは開いた状態。土、革のニュアンス。期待していた黒トリュフの感触はいま一歩。でも余韻は長く、美味しいワイン。 それにしても86と90でこれほども違うのか。。


20050123210300.jpg

  1. 2005/01/23(日) 21:02:37|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月22日  TAKOH 

 大学時代の友人とTAKOHへ。カウンターのみの完全予約制のお店。洋食屋さんスタイルで家庭的な料理が続く。 ワインは3本飲んだ。オルネライアのセカンドとラツールのサードがおいしかった。威張ってない、肩の力の抜けた料理 とおいしいワインで話もはずむ。いい時間を過ごせました。



20050123021859.jpg

  1. 2005/01/23(日) 02:18:33|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月21日  シャトー モンルドン 

 中華風鍋に合わせてちょっと古めのローヌを空けた。 シャトー モンルドン 85 CNP。果実はかなり衰えており酸がはっきり。 厚みはあまり感じずにピークを過ぎた感あり。昔はかなり長熟のワインを造っていたらしいが最近は評価があまり宜しくないのも 頷けるかな?

20050122005900.jpg

  1. 2005/01/22(土) 00:58:34|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月19日  てんぷら 

 家内の作った うどの芽、たらの芽、ブロッコリーの天ぷら、ごぼうとうなぎのかき揚げ などに合わせた。
ロワール コートデュレイヨン ラングロワ・シャトー 2001。シュナンブランから作られるワイン。思ってたより甘い。。
泡を開けるべきだった。。

20050119232617.jpg

  1. 2005/01/19(水) 23:21:02|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月16日  東京出張 その2 

 昼は「さわ田」。中野坂上から銀座へ移転された。お店は看板も出てなくて、ご主人に聞いても特に出す予定もなしとのこと。
お店は少し大きくなっており7人座れる。スタイルは前と同じ2回転制で皆に同じものが出される、おまかせコース料理。いつもの如く、つまみが すばらしい。お鮨も本当に美味。帰りPUIFORCATのシャンパンカップを買って帰る。


20050116235023.jpg

  1. 2005/01/16(日) 23:50:03|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月15日  東京出張 その1

研究会にて東京へ。夜は「小笹すし」へ。
我々以外はほとんどが常連さん。職人さんは見かけよりも柔和な方で緊張も強いられずにおいしく頂く。
二次会は「ヴァンヴィーノ ブリュレ」へ。口の残る酢メシと醤油の味をリフレッシュさせるためにまずドライシェリーを一杯。
その後、G.ルーミエ 93 シャンボールミュジニー。凝縮した果実とこなれつつあるタンニン。時間とともに甘みも。

20050116232429.jpg

  1. 2005/01/16(日) 23:25:53|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月13日  かも鍋 

鴨鍋に合わせて。

①De Saint Gall 1995 blanc de blanc

すっきり系。酸化した感じも全く無くグイグイ飲めた。

②Dom. Font De Michelle Chateauneuf du Pape 2001

 こってりした甘い香り、ボリュームたっぷり、弱めの酸。 

20050114081931.jpg

  1. 2005/01/14(金) 08:18:19|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月11日  ドメーヌ セレーヌ 

食事にあわせて開けた。オレゴンのピノ。ヴォリューム感のあるワインで樽も感じるがカリフォルニア独特のしつこさは、あまり感じない。時間をおくと甘みが出てきてさらに美味しくなる。ワイン・スペクテイター(2004/11/30)によるとブラインドでDRCに勝ったとのことだが?

20050112080634.jpg

  1. 2005/01/12(水) 08:05:50|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

1月10日 自宅でゆっくり 

クラリネットレッスンのあと、2本空ける。

①マクマホン オークセイ デュレス 2001

 合田さんのラシーヌ経由のもの。ブドウは有機農法で栽培、SO2の添加もなし。味わいはミネラル感たっぷりで果実もしっかり。
クリーンなワインという印象。スッと体に入ってくる感じ。

②ブルゴーニュ パストゥグラン ルーデュモン 2002
 
 ピノとガメイのブレンド。ブドウジュースのような味わい。華やかな甘みを伴った味わい。1000円台前半のワインにしては充分。

20050111082215.jpg

  1. 2005/01/11(火) 08:21:55|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月8日 お鮨とお酒のマリアージュ 

 鮨を食べに。どのネタもおいしかったが、となりの方がお鮨に合わせて緑色のメロンジュースのようなアルコールを飲んでおられた。
聞いてみると、焼酎にワサビをたっぷり入れたもの、とのことであった。早速我々も作ってもらう。これが絶品!かなりの量の
ワサビが入っているのだが、全然刺激は少なくて逆にほのかな甘みを感じる。田崎真也氏じゃないけど、食材の味や香りの一部が
アルコールに含まれると相性は格段に良くなる。お鮨に合うワインを試行錯誤してきたが、やはり直球勝負がいいのかな。。
 2次会でスープルへ。

①Long Meadow Ranch 1994 Cabernet Sauvignon 

94はカリフォルニアの当たり年。完全有機栽培とのこと。タンニンは角がとれてきている。酸もしっかり。香りがすばらしい。

②Inglenook 1985 Reunion

ナパにあるニーバム コッポラ ワイナリーの前身。ビターチョコレートの香りがする。

20050109094726.jpg

[1月8日 お鮨とお酒のマリアージュ ]の続きを読む
  1. 2005/01/09(日) 09:40:44|
  2. すし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月6日 トラットリア パッパ 

 知人に勧められてめずらしくイタメシへ。お客さんは20台の女性ばかり。。はじめてなのでお任せのコースにする
(3800円、5000円、10000円のコース設定)。奮発して10000円のコースを頼む。いい食材を使っている印象を受ける。
どれもおいしく、ワイワイ言いながら食べることができた。ただ、お隣さんの料理を見た限りでは5000円のコースでもよかったかな。。
ワインはおまかせでデイリーイタリアワインを2本開けた。

20050107234616.jpg

  1. 2005/01/07(金) 23:45:37|
  2. イタリアン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月4日 てっちり 

家でてっちり。泡2本と赤1本開ける。

①Blanqette de Limoux Carte Ivoire
 
家内がネットで買ったスパークリング。あっさり系。

②Egly-Ouriet Bruit Les Vignes De Vrigny

ピノムリエ100%。少しシェリーを感じるが、①とは厚みがずいぶん違う。裏ラベルにデゴルジュマンは2004 6月との記載あり。

③Emotion de Terroirs 2002 Vincent Girardin

今日の大当たりはコレ!ジュヴレ シャンベルタン、ヴォーヌ ロマネ、シャンボール ミュジニ、マルサネのブドウで作られたワイン。すべて村名ワインのブドウだが、ブレンドしているためACブルゴーニュになるらしい。価格も2000円台とお手ごろ。
果実と酸と丸いタンニンがきれいに調和している。アフターも甘い感触が残り、好きな味わい。

20050107233155.jpg

  1. 2005/01/04(火) 23:26:33|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

1月3日 ブルディガラ 

 新年の挨拶も兼ねてブルディガラへ。飲んだワインは

① ドンペリ エノテイク 85
今回で4回目。最初の一回目はボトル差のためか酸化した感じだったがそれ以後はすべてOK。今日のボトルも状態はよくバター、ビスケットの感触は充分感じることが出来た。

② レフォールドラトゥール 90
 
90ラトゥールはガチガチと聞いていたのでレフォールドラトゥールにする。最近ボルドーはあまり飲んでないが、開けるとすると極端に若いか古いかばっかりだったので丁度こなれた90年というのは本当に久しぶり。
タンニンは丸くなっており、バランスもいい。ボリューム感、厚みがさすが。

③シャトーギロー 88
④イケム 93

 この二つはバイザグラスで。クセあり系のチーズに合わせて。ブラインドでもらってどちらがイケムか当ててみた。
いつものように答えは外したが、、言われてみればイケムのほうがボリューム感があり、アフターも長い。(色調も濃い)
でも、ギローもおいしい。
 これからブラインドで出されたときは自分の考えと違うように答えよう。。。
20050103233606.jpg

  1. 2005/01/03(月) 23:18:37|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1月1日 おせちとワイン 

 今年はゆっくり家で。特に出かける予定もなし。実家から頂いたおせちと美山荘のおせちが我が家の正月メニュー。
お酒は朝は久保田万寿。夜はイグレック85を開けた。樽のニュアンスは薄くなってきているがまだ残っておりしっかりしたワイン。おせちの中の甘い系のおかず(金柑蜜煮、柿柚餅子)と相性がバッチリだったが、数の子などには全く合わず(あたりまえ)。。やっぱり日本酒か泡が正解だったかな。。
20050101221215.jpg

  1. 2005/01/01(土) 22:11:36|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。