WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月30日  今年最後のワイン会

 ローヌワイン会。

①ジャクセロス ロゼ

 いつもの繊細なスタイル。紅茶のニュアンスを感じた。

②テタンジェ コントドシャンパーニュ 90 Mg

 細かいきれいな泡。バタートースト、ビスケットといった感触がたっぷり。バランスもすばらしい。さすが90。

③コンドリュー イヴガングロフ 2002

 ここからローヌシリーズ。コンドリューにおけるパーカー五つ星生産者。02ということもありまだ若い印象。
02はブドウの収穫が遅かったとのこと。レイトハーベストのような甘みも感じる。花やトロピカルフルーツ。おいしい。

④コンドリュー ポールジャブレ 1989
 
熟成したコンドリューはほとんど飲んだことがなかったので興味津々。ヴィオニエの華やかな部分が削り取られたドライなワイン。パーカーによればヴィオニエは3年以内に飲むべきとのことだが個人的にはno problem。たしかにヴィオニエ特有のエキゾチックな感じは消えているが少しドライシェリーにも通じる美味しいワインとなっていた。

⑤エルミタージュ ラ シャペル 1985 Mg
⑥エルミタージュ ラ シャペル 1985 PR(パトロンレゼルブ)

 上記2本はブラインドで出してもらった。パトロンレゼルブはオーナー用のスペシャル(?)キュベとのこと。
PRはキャップシールの下にもう一重セルロイドでシールしてあり、ノーマルキュベとの差別化が図られている。
味はというと、Mgの方がエッジの色合いも茶が入って熟成が進んでいる。獣の香りがムンムン。厚みもある。
PRはMgに比べ若々しい。もちろん肉や動物のニュアンスもでているが果実もしっかり。
どちらもすばらしいワイン。個人的には今飲むならMgと思われた。

⑦エルミタージュ ラ シャペル 1978

 パーカー100点ワイン。こちらもすばらしいワイン。まだ若くてもっと熟成するとよくなる感じ。
85にくらべると目のつまり具合(凝縮感)が違うと感じた。

⑧ポールジャブレ シャトーヌフ デュ パプ (C.N.P) 1978

まず感じたのが革の香り。果実はまだのこっており甘みも感じる。

⑨ポールジャブレ シャトーヌフ デュ パプ (C.N.P) 1964

 色調はクリーンだがかなり薄くなっている。味わいもかなり果実が消えて紅茶、シェリー、枯葉といったイメージか。


それにしてもよくこれだけのポールジャブレが集まりました。持ち込まれた皆様に感謝。
20041231162032.jpg

スポンサーサイト
  1. 2004/12/31(金) 15:00:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月29日  職場忘年会 

 職場忘年会をフレンチで。飲んだワインは

①Duval-Leroy

 ANAのファーストクラスで出されるシャンパーニュで、レストランに多く流れており酒屋さんではあまり買えないとのこと。きれいな泡。おいしい。

②マルセルダイス ミュスカ
 口当たりは甘い印象を受けるがキレがよくドライなワイン。グイグイ飲んでしまう。

③Collioure Clo du Moulin  ドメーヌ マスブラン 1995

 バニュルスで有名なマスブランの赤ワイン。若いヴィンテージのものはタニックとのことだがこの95に関しては角もとれて丸みのあるワインになっている。バランスもよく鹿肉(ビターチョコのソース)とよく合ってました。

④Ch.Latrezotte 1978

 ソーテルヌ。聞いたことがないシャトー。状態はOK.。濃いワインとは言えないが、甘みと酸のバランスは崩れておらずデザートには問題なく合いました。
20041230013255.jpg

  1. 2004/12/29(水) 23:50:28|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

12月27日  焼き鳥 

 焼き鳥に合わせて。ベルナール・セルヴォー 2001 シャンボールミュジニー。南港でおすすめワインとして買ったもの。
果実のなかに土っぽいニュアンスが含まれている。タンニンはそれほど強くない。時間とともに甘みが出てきた。
古酒をあけるつもりだったが予定変更。明日こそ。20041227230439.jpg

  1. 2004/12/27(月) 22:58:40|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月24日  リーデル”O”

 注文していたリーデル O シリーズが届く。ステムより下がバッサリ切り取られたグラス。
どうみても持った感じは違和感がぬぐえない。指2本分以上入れると温度変化があるので要注意とのこと。
今日開けたワインはジャイエジル ブルゴーニュ オート コート ド ボーヌ 2001 だが、なにか巨大なぐい飲みでワインを飲んでいる感じ。(さすがにシャンパーニュ用は作ってないらしい。)味的には違和感はそれほどないが。。裏返して重ねればたくさん置けるのでスペースユーティリティーには優れていると思われる。それと、ピクニックなどにもOKと思われる。
どうしても温度が気になるので酸がしっかりしていて冷やし気味で飲みたいワインには不向き。ドッシリ系の少し温度を上げて飲むワインにはバッチリか。
 家内は早々に器として使ってました。。

20041224233507.jpg

  1. 2004/12/24(金) 23:35:17|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月23日 てんぷら 

自宅のガスコンロが新しくなったので今日はテンプラ。ワインは 88 ロベールアンポーのムルソーペリエール。
久々にモンラッシェグラスを使ったが、口の中ですぐに横に拡がるのでワインが口の中で転がる感じがしておいしい。
ちなみにテンプラリーニョ用だとまっすぐ奥の方へ拡がるため味わいが随分変わってしまう。やはりこういう「どっしり」タイプのワインはモンラッシェグラスが向いていると再認識した次第。

20041223212206.jpg

  1. 2004/12/23(木) 21:13:41|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月22日 自宅でしっとり

今日は絶好の忘年会日和と思われるが、私は自宅でひっそり家族で食事。
Macon-Prisse ドメーヌ ティベール 2001 を開けた。2000円弱のワインだが、コストパフォーマンスはまずまず。
少しコンディションが悪かったのかもしれないが、口にアルコールが残るイメージ。もう少し透き通った感じのワインの方が好みかな。
今年もいよいよあとわずか。仕事も無事乗り切りたいものです。
  1. 2004/12/23(木) 10:20:03|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月16日 ワイン会 



久々ワイン会。

①テタンジェ コント ド シャンパーニュ 95

 濃い。トースト。口に含むと元気な泡がサクサクと口を満たす。

②ソゼ モンラッシェ 95

 ソゼのモンラッシェは2回目。少しシェリー香を感じる。濃い黄色。ミレジム経由のもの。華やかな感じではなかった。

③シュバルブラン 66

 状態よし。まず獣系の香り。少しピーマンかと思いきや甘み、続いてローストの香り。トロッとしており美味しいワインであった。

④シュバルブラン 64

 ポート(日にちのたったポート?)。醤油、紹興酒などの意見あり、色も66よりかなり濃く、凝縮したワイン。賛否分かれるかもしれないが、個人的には好きなスタイル。以前一度だけ飲ませたもらった47シュバルブランもこの系統。
  1. 2004/12/17(金) 01:43:06|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iwa's BAR 

久々クラリネットレッスンの後、いつものように我が家はバー早変わり。飲んだワインは

①ポメリー POP

200mlの可愛い瓶に入った一人用飲みきりタイプ。ストローをつっこんで飲む。屋外ですべきであった。。

②ルイ カリヨン ピュリニーモンラッシェ 2002

 ルイ カリヨンはかなりひさしぶり。クリーンなワイン。花、ナッツ(少し)、トロピカル(少し)系の香りだがその中でも、柑橘系の香りがはっきり。女性的なワイン。これぐらい繊細なワインが今の気分。

③芋焼酎

 いきなりカラスミが出てきたので急遽焼酎へ。一月ほど前に頂いたものだが熟成がすすんで柔らかくなっており、美味しくなっていた。
  1. 2004/12/14(火) 14:48:15|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベカス

ベカスが入ったとのことで「さくら」へ。ベカスは獲れて10日後ぐらいのもので丁度食べごろとのことであった。
今まで食べた血のソースのような濃い味わいではなくシンプルな味付けなので肉の味わいが前面に出ているような料理。
ベカスのもつ独特な風味を充分感じることができた。

 ワインはベカスにあわせて66グロフレールのACボーヌロマネ。
蔵出しで最近入ったものらしい。液面も高く、コルクもツルツル。抜栓直後から香り全開で甘い香りが広がる。
トマトジュースのような香りや土っぽい香りなどいろいろ。

 ベカスが濃い味付けではなかったのでブル古酒のマリアージュはよかったと思われた。どちらも少し控えめでハーモニーを
バランスよく形成している感じ。
20041212230345.jpg

  1. 2004/12/12(日) 23:04:13|
  2. フレンチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。