WINE DIARY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

11月13日 1961

自宅保存のワインをいつ飲むか。。

飲まずに残したまま 人生の最後を迎えることだけは避けたい。

ということで家にあるワインは体も(ワインも)元気なうちに飲むことに決めた。
(そんなにたくさんあるわけじゃないけど。。)

ムートン
11-13kanewine2.jpg
10年以上前に購入。サントリー物。ほとんど動かしていない。

11-13wine3.jpg

かなり濃い色調。決して重くない透き通った複雑な香りが鼻腔へ。味わいは果実がまだ十分感じられスパイスと杉。甘みも少し。余韻長し。まだまだ置けそう。やはり動かさないと状態良と再認識。


これはn氏所有ワイン。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ ニコラ詰め
11-13kanewine1.jpg
少し細かい澱が舞ってるも これまた状態抜群!ピノが綺麗に熟成した典型例のようなワイン。甘みばっちりで好みのスタイル。

ありがとうございました!




スポンサーサイト
  1. 2010/11/16(火) 00:28:18|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

10月28日

研究会の後、皆でいつものワインバーへ。酒屋さん直営にて値段も良心的なのが嬉しい。

パイパー・エドシック・レア 99。レアは初めて。ピノとシャルドネのブレンド。しっかりした味わい。美味しい。もう少し寝かしてもよいかも。10-28wine3.jpg


ポンソ モレサンドニ モンリュイザン 03 MG。久しぶり、コスパ良く個人的には好きな白。黄金色。アリゴテ比率が高い(80%!)とのことだが、シャープな酸はそれほど感じない。ミネラルと蜜が良いバランス。10-28wine4.jpg


78タルボ。フィラディス物。状態すばらしい。こなれたタンニン。果実。甘味もあってなかなかよろしかったです。10-28wine2.jpg


  1. 2010/10/31(日) 23:59:36|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4月17日 DRC

赤は熟成のニュアンスが入った方が好き。白はピーク手前が好き。
ということで今年中にどうしても飲みたい白ワインがあったのでブル番長とのジョイント垂直企画。(感謝!)

4-17sakurawine.jpg


キャビア ふきのとう 4-17sakurakyabia.jpg




KRUG 85
4-17sakura85kuru.jpg


細かい持続性の長い泡。熟成のニュアンスも混ざって美味い。

KRUG Clos d'Ambonnay 96
4-17sakura96kuru.jpg


リンゴ、シャープな酸。ソムリエ氏によるとMLFしてないだろうとのこと。熟成させるともっと良くなると思われる。

オマール4-17sakuraomaru.jpg



montrachet 89
4-17sakura89mon.jpg


うすい黄金色。モカ。石灰。甘みとそれを支える酸のバランスが素晴らしい。余韻長い。89は3回目だが、前回飲んだ10数年前ともそれほど変化していないのに驚く。もう少しおけたかもしれない。完全な球体。やはりこのワインは自分史的には最高ランクの白と思う。脱帽。。

montrachet 90
4-17sakura90mon.jpg


やや濃い黄色。甘みが前面に出ており、ノワゼットも。余韻長い。これもしっかり酸が下支えしている。美味。

右が90 左が89 
4-17sakurawinesiro.jpg



モリーユとリードヴォー
4-17sakuramoriyu.jpg




Grands Echezeux 89
4-17saurageche89.jpg


ガーネットはそれほど強くない。味わいはかなり丸い。果実と酸が良いバランス。DRCらしい味わい。美味しい。

La Tache 96
4-17sakura96lata.jpg


想像していたよりやわらかいスタイル。タンニンもそれほど強くなく酸も溶け込んでいる。「まだまだ良くなるでしょう」とのソムリエ氏のコメント。

4-17sakurahato.jpg



La Mission Haut Brion 66 Mg
4-17sakura66lami.jpg


これが素晴らしかった。まだ若々しい色調だが味わいは完全にタンニンが溶けこんでいる。これも球体ワイン、それもかなり大きい。果実に加えトリュフ、土、インクなど色々な要素が混在。甘い。さすがMg。ソムリエ氏は「丁子」がこのワインのキーワードとのこと。

ワインに合わせて料理を考えていただいたシェフ、およびいつもながらのすばらしいサービスに感謝いたします。

本当にありがとうございました。


  1. 2010/04/20(火) 17:29:00|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

3月25日 

研究会の後 いつものワインバーにて。

オーブリオンブラン853-25 wa wine



サントリー物。状態良し。鉱質なミネラルのベール。時間と共に徐々に甘味。余韻は15秒強。美味い!









  1. 2010/03/28(日) 16:09:31|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月16日 

基地の近所のお店に持ち込ませていただいた。

3-16kanetonwine.jpg



丸い。ただ果実の甘みと酸のバランスでは酸が少しだけ優位か?今日開けてよかった。このまま置い(老い)てもしょうがない。。とは言うもののかつお系の旨みは十分感じられ、さすがのワインでした。
  1. 2010/03/19(金) 23:08:29|
  2. ワイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。